Q. 借家契約と契約更新可能な契約は、どんな違いがありますか?

リロケーションに関するお悩み・疑問を解決します!

この記事を読むのにかかる時間:5分

A、それぞれにメリット・デメリットが存在しますので

一概にどちらが良いとは言えませんが、オーナー様の目的に合った方法で契約内容を決めることが重要だと思います。

参考までにあげるとするならば大きな違いとして、定期借家契約の場合には2つあるかと思います。
まず1つ目は、転勤や賃貸に出す期間を明確にしておかないと自宅に戻りたいときに戻れなくなってしまう可能性があるという事です。
2つ目は、契約更新での貸し出す場合と比べ定期借家契約の場合、一般的には貸し出した場合に賃料が安くなる場合がございます。

その反対に一般的な契約更新可能な形で不動産を貸し出す場合、借主が見つかり一旦賃貸契約が成立した場合には原則貸主側からの解約は難しくなります。
ただ、長期的な収入が見込めるといったメリットもあるためご事情に合わせた契約を結ぶことが非常に重要となります。
将来的に不動産の売却やご自身や身内の方の住まいとして検討している場合、契約更新可能な形での賃貸は目的と合わなくなる可能性もございます。

どちらの契約がオーナー様の目的と近いものなのかを、不動産会社と相談の上決めるのがベストです。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

  • カテゴリ:

FAQの関連記事

Q. 部屋は現状のままで貸すことはできますか?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
Q. 転勤期間がわからないので期間はどのように考えればいいですか?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
Q. 家を貸す際の、賃料の設定はどのようになりますか?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
Q. 賃貸できる期間が短いのですが、申込みはできますか?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
Q. 借家契約と契約更新可能な契約は、どんな違いがありますか?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開