【賃貸経営】シェアハウス経営のメリット・デメリットを解説!


この記事を読むのにかかる時間:10分

このコラムのポイント

「シェアハウス経営」には、

  • ・空室リスクが低い
  • ・通常の賃貸物件よりも収益性が高い
  • ・古い建物でもコンセプト次第で活用できる

といったメリットがあります。
一方で、

  • ・シェアハウス経営に向いた物件を見つけるのが難しい
  • ・入居者同士のトラブルになりやすい
  • ・管理費が高くなりがち

などのデメリットがあるのも事実です。

ただ、賃貸経営を成功させるためには、経営上の基礎知識が必要不可欠。
ここでは、シェアハウス経営を始める前に知っておくべき、シェアハウス経営のメリットやデメリットについて解説します。


最高額の家賃でご自宅を貸し出したい方へ
持ち家を高く貸す。信頼できる管理会社を探すなら!

[PR]ご自宅を貸し出すのは大きな取引きだから!

最高額の家賃でご自宅を貸し出したい方へ。入居者探しもお任せ下さい。こちらからイエカレ厳選の管理会社へ一括資料請求が可能です。 (家賃例)月額15万円×5年契約=900万円。比べて安心。家賃査定額や月々の管理費は管理会社によって様々です。完全無料・最大8社。ご利用はこちらから。

1.住人一人ひとりと賃貸契約を結ぶシェアハウス経営

シェアハウス経営の失敗を避けるためにも、まずはシェアハウス経営とはそもそも何なのか、ルームシェアや一般的な賃貸経営とはどのような点が違うのかを確認しておきましょう。

1-1.「シェアハウス」とは部屋を複数人に貸し出す経営方式

シェアハウスとは、主に一戸建てなどの建物に共用のリビング・水回りと複数の個室を設け、部屋を複数人に貸し出す賃貸経営の手法です。

入居者が完全に自分のプライベートスペースとして利用できるのは、各契約者に割り振られた個室のみ。 それ以外のリビングやトイレ・浴室などの水回り、玄関などは物件内で共同利用するようになっています。

1-2.「シェアハウス」は「ルームシェア」と異なる

「シェアハウス」は、「ルームシェア」と混同されることが多いです。
シェアハウスとルームシェアの違いは、

シェアハウス 住人一人ひとりと個別に賃貸借契約を結ぶ
ルームシェア 部屋全体を一人に貸すという内容で賃貸借契約を結ぶ

というものです。

シェアハウスの場合、物件内にある各部屋の住人と、個別に賃貸借契約を結びます。
そのため、1つの物件に5部屋ある場合、最大で5人と賃貸借契約を交わして入居させることが可能です。

1部屋あたりの家賃が月々3万円なら、最大5人からそれぞれ個別に3万円の家賃を徴収するイメージとなります。 5部屋中3部屋埋まっていれば、家賃収入は9万円です。

一方、ルームシェアの場合、5部屋ある1つの物件を1人の契約者に貸し出す契約になります。
管理規約等に縛りがない限り、契約者が家族や友人と部屋をシェアしたり、家賃を住んでいる人たちで分割したりすることも自由です。

ただし、契約者に支払ってもらう毎月の家賃は、実際に住んでいる人数とは関係ありません。
ひとつの物件に5人で住み、5人で15万円を分割していても、ルームシェアを解消して契約者一人だけが住んでいても、オーナーは賃貸借契約を交わした本人から15万円を受け取ります。

ルームシェアを解消するとひとりあたりの負担が増えるため、シェアの解消がそのまま退去につながることが多いです。

シェアハウスとルームシェアは語感こそ似ていますが、契約内容や収益性、適切な経営方針等が違うのです。

2.シェアハウス経営のメリットは空室リスクの低さと収益性

シェアハウス経営のメリットは、

  • ・空室リスクの低さ
  • ・通常の賃貸物件より収益の上限が大きい
  • ・入居者のニーズを掴めば成功しやすい
  • ・古い物件でも十分運用できる

の4つです。

シェアハウス経営を始める場合は、他の賃貸経営にはないシェアハウス経営ならではのメリットを知っておきましょう。

2-1.1つの物件を分割して運用できるので空室リスクが低い

シェアハウス経営は、物件を1つしか持っていなくても部屋数を増やせるため、一般的な賃貸物件に比べると空室リスクが低いです。

例えば一戸建てを賃貸物件として運用する場合、1組の入居者を確保できるかどうかで家賃収入の有無が決まってしまいます。

人それぞれライフプランが異なるため、一度入居してくれた住民が物件を解体して更地にするまで住み続けてくれるとも限りません。

仮に契約者が途中で退去した場合、次の入居者を見つけるまで時間がかかると、その期間は無収入になってしまいます。

一戸建ての家賃を月額15万円に設定していれば、家賃収入は15万円もしくは0円のどちらかです。

その点、シェアハウス経営では一戸建てを改装し、1階と2階の両方に水回りの設備を設置して小部屋を6室作れば、最大6人に部屋を貸し出すことが可能です。

1部屋あたりの賃料が安くなると入居者を見つけやすく、6組中1組が退去しても残った5組分の家賃収入を確保できます。

多少空き部屋があってもある程度の収入を得られるので、賃貸経営に慣れていない人にもおすすめの賃貸経営手法なのです。

2-2.賃料の収益がお得になる

イエカレについて
イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは、日本最大級の不動産の総合比較サイトです。皆さまの不動産に関する不安やお悩みを解決できるように、不動産コラムを通じて、日々最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供などに取り組んでいます。

この記事について

(記事企画/監修)イエカレ編集部
【イエカレ】不動産コラムを通じた最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供をしています。
Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

賃貸経営のメリット・デメリットの関連記事

【脱炭素時代のアパート・マンション経営】SDGsな省エネ基準適合型賃貸で入居者ニーズが変わる?
【脱炭素時代のアパート・マンション経営】SDGsな省エネ基準適合型賃貸で入居者ニーズが変わる? 公開
【戸建を賃貸に出したい】自宅を賃貸住宅にするメリットとデメリット
【戸建を賃貸に出したい】自宅を賃貸住宅にするメリットとデメリット 公開
【アパート・マンション経営】成功率を上げるにはリスク管理以外ないのです!
【アパート・マンション経営】成功率を上げるにはリスク管理以外ないのです! 公開
【アパート・マンション経営】収益率が変わるオペレーショナルアセット
【アパート・マンション経営】収益率が変わるオペレーショナルアセット 公開
【アパート・マンション経営】入居率を高めるコンセプト型賃貸
【アパート・マンション経営】入居率を高めるコンセプト型賃貸 公開
【賃貸経営】これからオーナーになる方必見!賃貸経営の重要ポイント
【賃貸経営】これからオーナーになる方必見!賃貸経営の重要ポイント 公開
【アパート経営】失敗する理由とリスクヘッジについてご紹介します!
【アパート経営】失敗する理由とリスクヘッジについてご紹介します! 公開
【アパート・マンション経営】相続税対策で始めるメリットと注意点
【アパート・マンション経営】相続税対策で始めるメリットと注意点 公開
【民泊】空き家対策になる?民泊のメリットとデメリットを解説
【民泊】空き家対策になる?民泊のメリットとデメリットを解説 公開
【不動産投資】中古リノベーションマンションに不動産投資するメリットと注意点
【不動産投資】中古リノベーションマンションに不動産投資するメリットと注意点 公開
土地活用の新たな可能性を考える⑥|【脱炭素時代のアパート経営】 ZEH(ゼッチ)賃貸住宅 貸主と借主のメリットとデメリット
土地活用の新たな可能性を考える⑥|【脱炭素時代のアパート経営】 ZEH(ゼッチ)賃貸住宅 貸主と借主のメリットとデメリット 公開
【アパート・マンション経営】円安時代で賃貸経営を行うメリットとデメリット
【アパート・マンション経営】円安時代で賃貸経営を行うメリットとデメリット 公開
【アパート経営の基礎知識】レバレッジ効果とは?メリットとデメリットをやさしく解説
【アパート経営の基礎知識】レバレッジ効果とは?メリットとデメリットをやさしく解説 公開
【アパート経営】変形地ではじめるメリットと注意点
【アパート経営】変形地ではじめるメリットと注意点 公開
【土地の活用方法/サ高住】高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリットと注意点
【土地の活用方法/サ高住】高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリットと注意点 公開
【土地の活用方法】高齢者介護施設の経営を行う際のメリットとデメリット
【土地の活用方法】高齢者介護施設の経営を行う際のメリットとデメリット 公開
【アパート経営】固定資産税の平均や節税対策のメリットと注意点
【アパート経営】固定資産税の平均や節税対策のメリットと注意点 公開
【土地の活用方法】8種類の方法をメリット・デメリット別に徹底比較
【土地の活用方法】8種類の方法をメリット・デメリット別に徹底比較 公開
【アパート経営】狭小地で始めるメリット・デメリットは?
【アパート経営】狭小地で始めるメリット・デメリットは? 公開
【アパートの建て替え】所有するアパートが老朽化。建て替える方がよい!?
【アパートの建て替え】所有するアパートが老朽化。建て替える方がよい!? 公開