不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

不動産管理会社を探している方必見!賃貸経営を成功させるには、早く優良な入居者を見つけることがカギとなります。迅速にかつ優良な入居者を見つける為には、いかに優良な賃貸不動産管理会社と付き合うかが重要です。
ここでは、それぞれの不動産会社の特徴について紹介します!

この記事を読むのにかかる時間:5分

あなたの疑問やお悩みをイエカレが解決します!!

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたいIoT賃貸住宅とは?スマート賃貸に移行して賃貸経営に勝つ方法を解説!

*あわせて読みたい賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

*あわせて読みたい賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?メリットと注意点も解説

*あわせて読みたい不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

*あわせて読みたいアパート管理。その管理費用を適正にする方法とは!?

*あわせて読みたい2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい賃貸の事故物件!定義は? 告知義務はいつまで必要?対策まで解説

*あわせて読みたいwithコロナで見えてきたアパート経営術!傾向と対策とは?

*あわせて読みたい金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*最新サブリース賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*関連コラム土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

不動産管理会社の役割とは??

不動産管理会社とは物件のオーナーに代わって物件を管理する会社ですが、業務内容によって3種類に分かれます。
・物件への入居者募集と入居の契約を行う仲介専門
・仲介と管理を行う仲介・管理
・管理業務のみ行う
に分かれます。物件の管理全てを任せる場合は仲介と管理の両方を行う会社もしくは、仲介専門の会社と管理専門の会社の二社を同時に利用することになります。

不動産管理会社を利用した方が管理や入居者募集などの煩わしい業務から解放されるメリットが有ります。 このためほとんどのオーナーは保有する物件の管理をこの不動産管理会社に管理をさせています。

しかし、レベルの高い管理会社を選ばないと逆に空室が増えてしまうリスクが有ります。
目先の空室対策や入居者トラブルだけを考えずに、20年30年先の様々な角度から考え不動産会社を選ばなければ安心した不動産経営ができなくなくなる可能性もあるので良く考えて探しましょう。

不動産管理会社を探す上でのポイントは??

ポイント

実際に足を運んで見てみましょう!客付け・地域の動向に強いかがのポイント!

不動産管理会社の探し方として、普通に物件を保有しているだけで、管理会社から営業の電話がかかってきますが、初めて物件を保有して日が浅い場合は、電話などかかって来ませんから自分で探さなければならないです。

探し方のポイントとして、実際に足を運んで見てみましょう!

・その地域の情報に詳しいか
・集客力・募集力に信用がおけるか
・担当社員が責任をもって身近に接しているか
・会社・営業所などの雰囲気は良いか
・お付き合いをしているオーナー様は満足しているか
・世の中の動向・情勢に敏感に反応しているか

実際にその会社の物件を見て管理が行き届いているか管理状況を確認することも大切です。
逆にその地域で一番管理が行き届いていそうな物件を見つけ、どの管理会社が管理しているかを調べるのも一つの手ですね。 その管理会社の業務がどこまでかを調べ、足を運んでみましょう。

不動産管理会社選びで注意したいポイントはあるのでしょうか?

注意

家賃を引き下げられる!?サブリース契約(家賃保証)のリスク

不動産管理会社の中には媒介契約で一括借り上げで家賃保証をしている管理会社が有ります。
家賃保証とは空室が出ても空室分の家賃を管理会社が保証して支払うという意味です。

また、保証金額は家賃の90%前後と言われております。管理会社には不利ですが、敷金礼金をオーナーには入らず管理会社が受け取り、さらに修繕費を保証した家賃から修繕の費用を引きます。

その修繕の費用が高額な場合があります。そして家賃保証と言っても、世の中の情況により、ある期間をもって家賃が変更されることが多く、安易に考えるのは危険かもしれません。

ただし、賃貸経営をするにあたって、入居者の入退室管理・毎月の家賃集金・建物のメンテナンス管理・入居者のクレーム対応・・・など労力・時間などをかなり費やす事になります。
他に仕事をしている大家さんや入居者管理が面倒くさい大家さんなどの場合には、個人の時間を有効に使え、平行して募集・管理もしてくれるサブリース契約を検討してみても良いでしょう。

一括借り上げを利用すれば、安定的に家賃収入が入ってきますが、管理会社に家賃を引き下げられるリスクが有ります。
このため、サブリース契約は双方にリスクが大きいため行わない管理会社も多いです。
契約内容を十分理解した上で、契約しましょう。

▶2020年6月19日に賃貸経営者の保護を目的として、賃貸住宅管理業務適正化法という新しい法律が制定されました。賃貸オーナーとして知っておきたい法律の概要や注意点について、より詳しくお知りになりたい方は、以下の解説も参考にしてみてください。

こんな記事も読まれてます
賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

賃貸経営者の保護を目的として、賃貸住宅管理業務適正化法という新しい法律が制定されました。賃貸オーナーとして知っておきたい法律の概要や注意点について解説します。

この記事のまとめ

管理料を安く設定している管理会社もありますが、空室が多いと賃貸経営は成功しません。管理料が高くても空室埋める募集力のある管理会社の方が、結果的には収入が高くなる事が十分考えられます。

また賃貸経営は、入居者が決まり毎月の家賃をしっかり支払ってくれて、長く入居してもらうことが重要です。
ただ、注意したいことは、入居者を早く決めてもらう事はもちろん大事なのですが、信頼のできる入居者を探してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

賃貸不動産管理会社は賃貸経営において大事なビジネスパートナーになる存在です。 もし依頼する場合には1社だけでなく複数の会社かお話だけでも聞いてお選びした方が良いでしょう。

【イエカレ運営局より】
イエカレでは、フリーコールによるサポート対応を行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。
*運営実績13年(2021年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産管理会社の選び方の関連記事

知らないとマズイ!?不動産管理会社とはなにか知っていますか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
withコロナで見えてきたアパート経営術!傾向と対策とは?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
知っていると得をする!上手な不動産管理会社探しのコツとは?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸管理会社とは?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
失敗しない!不動産管理会社の選び方・付き合い方|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
ココを押さえればOK!確実な管理会社を選ぶために知るべきポイント!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
信頼できる賃貸マンション管理会社とは?4つのポイント|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
損してるかも?不動産管理会社は少しでもメリットのある会社に|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開