失敗しない!不動産管理会社の選び方・付き合い方

空室予定の部屋ができたときにすぐに入居者を見つけてくれる、客付力のある不動産管理会社との付き合いが重要になります。不動産管理会社は大きく三つのタイプに分けられます。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産管理会社のタイプと探し方のポイント

賃貸物件のオーナーになり、一番避けなければいけないことは空室が続くことです。そのため、空室予定の部屋ができたときにすぐに入居者を見つけてくれる、客付力のある不動産管理会社との付き合いが重要になります。不動産管理会社は大きく三つのタイプに分けられます。その土地で古くから事業を営んでいる、比較的規模の小さな地元密着型、地元で大手と言われる不動産管理会社、企業の支店やフランチャイズ店などがあります。管理を依頼するにあたり、それぞれ良い点と悪い点があるので、物件の管理や仲介を依頼する前によく話を聞いておきましょう。依頼をする際の条件や接客時の対応、客付力や提案内容などを確認して、実際にその不動産管理会社が扱っている物件がどのような状況になっているのか確かめておくと、安心して契約できます。

サブリース契約とは

サブリース契約とは、一定期間部屋を不動産管理会社が借り上げるシステムです。サブリース契約をした部屋は管理会社と入居者の間で賃貸契約がされます。空室時でもある程度の賃料が保証されるので、安定した家賃収入が見込めます。ただし、入居時に支払われる敷金と礼金や、契約更新時の手数料などは不動産管理会社が取得するため、オーナーの収入にはなりません。また、契約によっては入居者の審査なども不動産管理会社のみで行うこともあります。設備のメンテナンスや掃除、家賃集金などの基本的な部分の管理の依頼では、賃料の3%から5%程度が管理報酬になりますが、サブリース契約ではオーナーの賃貸管理にかかる手間が軽減されている分、管理報酬は賃料の10%から15%ほど必要になります。サブリース契約の期間は長いものでは25年や30年といった契約もあるので、メリットとデメリットを把握した上での契約が大切です。

自分にあった管理形態を選ぼう

不動産管理会社に物件の管理を任せる場合、いくつかの選択肢があります。仲介のみ依頼する方法と、入居者の募集から入居後の管理を依頼する方法です。また管理の内容もさまざまで、家賃を集金してもらうだけの契約や、空室中の部屋のメンテナンスなども併せて依頼する、そしてサブリース契約のように賃貸物件に関する手続きのすべてを依頼するといった契約があります。入居率の高い部屋は募集をするとすぐに入居者が決まるため集客力はそれほど必要ありませんが、入居後のトラブルなどが起こる可能性もあるので、問題が発生した時の対応力が必要になります。また、所持している物件が少ない時はオーナーで管理ができますが、物件数が増えてくると大部分の管理を依頼した方が、賃貸経営のリスクが抑えられます。自分にあった管理形態を選ぶには、所持している物件のウィークポイントを補ってくれる不動産管理会社を選ぶようにすると、最適な提案が受けられるでしょう。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

不動産管理会社の選び方の関連記事

知っていると得をする!上手な不動産管理会社探しのコツとは?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
失敗しない!不動産管理会社の選び方・付き合い方|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
ココを押さえればOK!確実な管理会社を選ぶために知るべきポイント!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
信頼できる賃貸マンション管理会社とは?4つのポイント|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
損してるかも?不動産管理会社は少しでもメリットのある会社に|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
知らないとマズイ!?不動産管理会社とはなにか知っていますか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開