マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは?

中古マンションを売却する場合、市場では物件の場所や設備だけではなく、相場の波も影響を与える要因になります。
売り時の条件やタイミングは何を見ればいいのか?そのポイントを考えます。
マンションの売却で有利な相場を捉えるポイントとは?

この記事を読むのにかかる時間:5分

相場から考えるマンションの売却

マンションの売却を考えた時、一体いくらで売ることができるのか?
売却の相場はとても気になる所でしょう。

投資目的のマンションであれば、尚更でしょうが、必要に迫らせて住み替えをする場合であっても、より有利な相場で売り抜けたいと思うのは、誰もが同じだと思います。

マンションの相場を決めているポイントは、立地条件、築年数、間取りなど様々な要因がありますが、売り時、買い時などその季節要因も大きいものです。
マンション売却の時期を選ぶことができる状況であれば、有利な時に売却すべきです。

マンションを売却する相場の情報を得る方法1

一番手っ取り早く、マンションの売却に関する相場をキャッチできるのは、投函されるチラシです
賃貸に限らず、最近は分譲マンションにもチラシが投函されますので、いつ、どの時期にチラシが増えるのか?
1カ月の間でも多い時期、少ない時期が分かりますので、多くなると相場が熱してきていることが分かります。
興味がない人にとっては、マンションを売却するチラシは迷惑なだけですが、相場を知りたい方にとっては有益な情報源です。 ゴミ箱直行ではなく、枚数を数える所から始めてみましょう。

マンションの売却相場をチラシから探る

マンションを売却する流れを見てみます。
まず、売りたい方は、不動産仲介業者を訪れて、登録を依頼します。
仲介業者は、自社の情報網の中から、すでに問い合わせをもらっている購入希望者(顧客)へ情報提供をします。

その次に、売却するマンションの近隣にポスティングをして反応を探ってから、新聞やネット、情報誌へと拡散していきます。
各過程で相場の確認も入り、反応が薄い場合は売却の価格を下げて対応していきます。

仲介業者としても、販促媒体に経費をかけて掲載することで経費が掛かり、利益が薄くなってしまいますので、相場を見極めながら、できる限り費用対効果に見合った形で効率良くマンションを売却して、できる限り利益を大きく取りたいわけです。
チラシからネットへと情報が拡散され始めた場合は、相場よりも下回った価格設定だと推測ができます

マンションの売却で情報誌やネットから相場を見る

マンションの売却情報は、駅やコンビニにあるフリーペーパーでも得ることができます。
チラシの場合は、売却のマンションがあるその周辺にのみ配布されるので、非常に狭い地域でしか見ることができませんが、 情報誌やネットの場合は、もう少し大きなエリアで相場観を見ることができますので、行政区別や路線別などで相場の情報を得ることができます。

気を付けておきたいのが、既にチラシで一度売却を周知されている物件であるということ
一度価格が下がっている可能性もありますし、ネットで情報がでていてもチラシで既に売却が決まっているケースもあります。

チラシでチェックした物件がネットや情報誌で見つけることができたら、チラシの売却価格とネットの価格を比較してみましょう。
マンションの売却価格が違っていたら、それは相場の幅であると考えられます。

マンションを売却する相場は見積もり依頼する

エリアや物件の状況から相場を想定する経験を積んできたら、一度売却の見積もりを依頼してみます。

マンションの売却を専門に扱っている仲介業者などは、ネットから見積もり依頼をすることができますので、査定情報は活用しておきたいもの。
各仲介業者はマンションの地域、築年数などから売却に成功した相場を知っていますので、成功事例と照らし合わせながら見積もりを作成します。

ネットだからと言ってすぐに回答が来ないケースも多いので、焦らず待ちましょう。
マンションを売るだけではなく、どのような条件で売却が成功したのか?その成功事例の情報を得ることが何よりも大切になってきます。

マンションの売却は相場とトレンドを抑える

マンションの売却で相場を見ること、売りたい価格と売れる価格の差をどう考えるかをしっかり判断したい所ですが、トレンドも見極める必要があります。
・今は買いのトレンドが強い時なのか?
・停滞している時期なのか?
その波によって、実はマンションを売却する相場も大きく変わってきます。

トレンドが停滞している時期は、どうしても価格が下がりますし、仲介業者も広告費が嵩み、利益の薄い仕事なってはモチベーションも下降気味になるのは否めません。
そうなると、当然いい結果にはなりません。
相場を見ることと、売り時のトレンドを見つけること、この2つがマンションの売却を成功させるポイントです。

この記事のまとめ

このように、マンションの売却は適正価格だけ見つけても成功はしません。
買いたいという人が大勢いる時、つまり需要が高まる時期の方が、競合し条件も好転していくことは明白です。
今は売りなのか?買いなのか?マンションの売却を考えた時、相場を感じながら、経年の状況を分析しつつ、売却時期を見極める。
マンションの売却は、ぜひ長期戦で取り組みたいものです。

あなたのお悩みをイエカレがズバッと解決!!不動産の知恵袋

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい:土地の名義変更の方法を教えてください

*あわせて読みたい:自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場を解説

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい:不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介

*あわせて読みたい:不動産売却の適正価格を知る方法

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:コロナでもアパート経営は成り立つか?影響とリスクヘッジ策を解説!

*あわせて読みたい:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?


【イエカレ運営局より】
イエカレでは、フリーコールによるサポート対応を行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。
*運営実績13年(2021年1月現在)/フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産価格の相場を知るの関連記事

不動産取引を安心して行うために「ウチノカチ」「トチノカチ」で「相場感」を知ろう
不動産取引を安心して行うために「ウチノカチ」「トチノカチ」で「相場感」を知ろう 公開
金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】
金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を徹底解説!
東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を徹底解説! 公開
適正な評価額を知りたい!良い不動産鑑定を選ぶには?
適正な評価額を知りたい!良い不動産鑑定を選ぶには? 公開
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう 公開
不動産売却-家の相場を調べる
不動産売却-家の相場を調べる 公開
不動産売却の手数料の相場はいくらですか?
不動産売却の手数料の相場はいくらですか? 公開
不動産売却の適正価格を知る方法
不動産売却の適正価格を知る方法 公開
不動産売却時の相場の調べ方
不動産売却時の相場の調べ方 公開
不動産売却-高く売るためのマンション査定!その注意点
不動産売却-高く売るためのマンション査定!その注意点 公開
不動産売却-土地の価格は、こうして決まる!5つの決め方
不動産売却-土地の価格は、こうして決まる!5つの決め方 公開
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは?
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは? 公開
不動産売却相場を知るために気を付けたい4つのポイント
不動産売却相場を知るために気を付けたい4つのポイント 公開
土地を売るときの仲介手数料を徹底解説!
土地を売るときの仲介手数料を徹底解説! 公開