土地を売るときの仲介手数料を徹底解説!


土地を売却するにあたり、仲介手数料の仕組みを理解して「賢い使い方」をすることは大切なポイントです。
不動産売買における仲介手数料についての考え方と支払い先となる不動産会社との付き合い方を解説しています。ご参考になれば幸いです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい不動産売却時にかかる不動産仲介手数料について

*あわせて読みたい不動産売却の仲介手数料について考える

*あわせて読みたい不動産を売るときの仲介手数料について

*あわせて読みたい【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは

*あわせて読みたい家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?

*あわせて読みたい土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!

*あわせて読みたい相続した不動産-相続人が多いケースはどうなるの?

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

仲介手数料とは?どのような費用なのでしょうか?

土地を売るときの仲介手数料とは?

仲介手数料とは、土地を売るなどの不動産売買において、仲介役の会社に支払う所定の手数料のことです。

まず初めに、仲介手数料の前提知識として、不動産売買の基本的な構図を確認してみましょう。

不動産売買においては、土地を売りたいと考えている人を「売主」、それを買いたいと考えている人を「買主」といいます。
簡単に図式化すると以下のように表せます。

<不動産売買の構図>

売主 -※→ 仲介会社 ←※-買主
この時、売主と買主で行われるのが「不動産売買」であり、売主・買主間を斡旋するのが「仲介会社」です。 仲介会社は、宅建業法に定められた許可を取得した不動産会社が務めます。

宅建業法は、この仲介会社が売買契約を仲介した際、売主から、そして買主から受け取る報酬の「上限額」を決めています。 つまり、1社の仲介会社「のみ」が売買契約をまとめた場合は、売主から手数料を受け取り、それとは別に買主からも手数料を受け取る「ダブル」の構図になります。

手数料の計算式はどのようなものか。

仲介手数料は、以下の計算式で求められます。
仲介手数料=物件価格×3.24%(税込)+6.48万円
実際の売買価格において、仲介手数料がどれくらいの金額になるのか見てみましょう。

例えば、ある土地の売買物件が3,000万円で、その売買契約が成立した場合、
売主から貰える仲介手数料 3,000万×3.24%+6.48万円= 1,036,800円...(1)
買主も同じ不動産会社からその土地を仲介されて購入を決めると、同額の仲介手数料が発生します。
つまり、(1)×2=2,073,600円...(2)
が仲介手数料となり、それが不動産会社の収益となります。


不動産仲介会社の収益は、ほかにも管理料(建物を管理するときの委託料)などがありますが、大半の収益はこの手数料です。
そのため不動産の世界では「手数料は減額しないもの」という慣習が長く続いて来ました。

仲介手数料を減額しないのは不動産業界の不文律

先ほどからの仲介手数料の額は「上限」と記載しています。
慣習如何を問わず、上限ということは、減額は可能なのか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 仲介手数料を記載した「宅建業法」にて定められている、上記の計算式で算出される手数料は「上限」です。

答えですが、仲介会社は、この上限額を超えなければ、自由に減額しても構いません。

極端な話をすると、一切手数料を受け取らなくても問題はありません。

しかし、以前、不動産業界に籍を置いていた筆者の感覚では「売買において」手数料を減額する、というのは実例としては覚えがありません。
売買は登記や測量もセットで掛かるため、その調整に仲介会社の労力が多く、いわゆる不動産会社が「費用を回収する」という意味でも手数料減額とは行きません。

また、不動産会社同士の、横の繋がりも関係しています。
例えば、ある新興の会社が「うちは手数料1%でやります!」と言い出そうものなら、お客さんが集中して、既存の不動産業界の収益安定性が見込めません。
それはいわゆる「不動産業界の衰退」にも繋がってしまう、という表現になります。

以上の点から売買の世界では、手数料の減額は見られないと思います。

手数料の考え方が異なる不動産賃貸

一方で同じ不動産業界である「賃貸」での手数料を考え方はどうなのでしょうか。
「家やアパートを貸す」といった賃貸業の世界でも大半の会社は、仲介手数料を上限値で受け取っています。
ただ、街の不動産仲介会社もを見ると、幟(のぼり)などに「手数料は半額」という文字も目立ちます...。
不動産賃貸の専門店などでは、このように慣例にとらわれず、手数料の減額を仕掛けている会社も増えてきてはいるようです。 (なお、賃貸契約における手数料は通常「家賃1カ月分相当額」です)
仲介手数料の金額の違いも、減額の有無に関係しているのかもしれません。

今後の手数料はどうなる?

今後は土地を売る不動産業者も、最初から最後までをインターネットで帰結させるという、斬新なビジネスを行うところも増えています。手数料に関しても、削減を打ち出す業者が生まれてくるのかもしれません。

それでは、仲介手数料を減額している会社があれば、そちらを選んだ方が良いのでしょうか。
これに関してはアドバイスの難しいところです。

仲介手数料削減により、不動産会社の(1件の取引あたりの)利益が減るのは間違いのない事実です。
ただ、それで対応件数をあげて1件あたりのサービスが低下する会社も、変わらず1件1件高サービスの提供を実現する会社も、どちらも存在することになると思います。
ですから、そこは「安かろう悪かろう」にならないよう利用者自身の眼で選ぶことが大切です。


ここで関連コラムを3つご紹介します。

こんな記事も読まれてます
不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

不動産に関わる税金はケースごとに発生する内容が変わり、また、保有の目的や期間によっても税額が変わります。様々な軽減措置もあるためうまく活用すれば節税できます。 この記事では、計算例や節税方法も挙げながら分かりやすく解説します。

不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

こんな記事も読まれてます
不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

不動産の相続は複雑な手続きが必要になるほか、相続人同士でトラブルに発展しやすいといった注意点があります。トラブルを防ぐための対策、不動産相続の手続き方法、実際にかかる費用、税金対策、トラブル事例、注意点などについて解説します。

不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

こんな記事も読まれてます
不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却では、通常、抵当権が設定されたままその不動産を売却することはできません。しかし、金融機関から借りた資金で買った不動産ローンの返済が終わらないまま売却できる方法があります。どういうことでしょうか?この記事で解説しています。

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

この記事のまとめ

今回のコラムでは土地を売るときの仲介手数料を徹底解説しました。
仲介手数料の仕組みもそうなのですが「仲介手数料」の件についても、不動産会社とどのような交渉をするのか?が最大のポイントになります。

土地の売買は金額も大きいがゆえに、当然、仲介手数料も高くなります。
ですから絶対に後悔をしない不動産会社選びが大切です!!
窓口となる各会社の営業マンと信頼を築いて、土地の売却をスムーズに完了させて頂きたいと思います。


【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産価格の相場を知るの関連記事

不動産取引を安心して行うために「ウチノカチ」「トチノカチ」で「相場感」を知ろう
不動産取引を安心して行うために「ウチノカチ」「トチノカチ」で「相場感」を知ろう 公開
金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】
金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を徹底解説!
東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を徹底解説! 公開
適正な評価額を知りたい!良い不動産鑑定を選ぶには?
適正な評価額を知りたい!良い不動産鑑定を選ぶには? 公開
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう 公開
不動産売却-家の相場を調べる
不動産売却-家の相場を調べる 公開
不動産売却の手数料の相場はいくらですか?
不動産売却の手数料の相場はいくらですか? 公開
不動産売却の適正価格を知る方法
不動産売却の適正価格を知る方法 公開
不動産売却時の相場の調べ方
不動産売却時の相場の調べ方 公開
不動産売却-高く売るためのマンション査定!その注意点
不動産売却-高く売るためのマンション査定!その注意点 公開
不動産売却-土地の価格は、こうして決まる!5つの決め方
不動産売却-土地の価格は、こうして決まる!5つの決め方 公開
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは?
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは? 公開
不動産売却相場を知るために気を付けたい4つのポイント
不動産売却相場を知るために気を付けたい4つのポイント 公開
土地を売るときの仲介手数料を徹底解説!
土地を売るときの仲介手数料を徹底解説! 公開