Q. 不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか?

不動産売却Q&Aの疑問を解決!

この記事を読むのにかかる時間:5分

A、物件によって異なります。

■売却する物件の条件が良いのであれば一般媒介。

条件が良い:「駅に近い」「人気の物件」など。
不動産屋さんは、争うように販売活動を行います。
こうした物件は、「広告の目玉商品」となるので、多くの買い手の目を引き付けることができます。
その物件の売却を他社に取られたとしても、問い合わせ客を他の物件に振り分けることができるので、コストをかけても元が取れるのです。

■売却する物件の条件が悪ければ専任媒介。

条件が悪い:「駅から遠い」「築年数が古い」など。
一般媒介では、結果を期待することはできません。
場合によっては、どの業者も真剣に販売活動を行ってくれない可能性もあります。
「該当する人がいたら紹介する」といった程度の扱いになりかねません。
いずれにしても、信頼できる営業マンのいる仲介業者を選ぶことが大切です。
専任媒介で契約する場合には、特にその点が重要です。


  • カテゴリ:

FAQの関連記事

Q. 不動産売却の手数料の相場はいくらですか?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
Q. 持ち家のローンがかなり残っているのですが売却はできますか?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
Q. 不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
Q. 不動産を売る際は、地域の不動産屋と大手の会社どちらが良いですか?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
Q. 不動産の売却と、買い取りの違いは何ですか?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開