家を売りたい人が損をしないための工夫あれこれ


家を売るときの工夫には、査定から業者の決定、売り出し価格の決定、内覧の対応、諸費用に関してなど様々なものがあります。
いずれも決して難しいものではなく、ちょっとした手間と意識で大きな金額の差になってくるものを選りすぐりでご紹介します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今!?

*あわせて読みたい不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい不動産売却価格の賢い上げ方とは

*あわせて読みたい不動産査定を成功させるために知っておきたい5つのポイント

*あわせて読みたい不動産買取業者の賢い選び方とは?

*あわせて読みたい不動産を売るときの忘れがちな費用とは?

*あわせて読みたい不動産を買い取ってもらう際に失敗しないポイントとは?

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

家の査定額が妥当かを知るには?

家の査定額が妥当かを知るには

家を売りたいときに、多くの人が最初に行うのが査定です。 査定額が出た場合、通常は購入時の価格との比較をしますから「安いなぁ・・・」という印象になることがほとんどであろうかと思います。

その査定額は本当に安いのか、それとも妥当なのかを判断するための基準になる情報は、近隣の家の売買価格です。 従来はそういった取引価格は不動産業者の企業秘密のように扱われてきました。

しかし、皆さんご存知だったでしょうか?現在では、
国土交通省ホームページ「土地総合情報システム(http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet)」
で近隣地域の家の取引額を知ることができるのです。


地図表示、一覧表示のいずれでも見ることのできる非常に便利なサイトです。
もちろん、他の業者に査定を依頼することも有効です。
一括で複数の業者に査定依頼できるホームページなどもあります。
これらを上手に組み合わせて利用しましょう。


査定額を上げられる方法はあるのでしょうか?

家の価値を上げるための工夫

残念ながら、査定額は業者にとって最終回答のようなもので、他に査定額の高い業者があった場合でも交渉に応じることは殆んどありません。
しかしながら、売り出し価格は、査定額とは別に「この値段で売りたい」という売り主の希望込みで決定されることになります。

売り出し価格の決定はかなり適当になされるのが実情で、実際のところ、台所やトイレなどの水まわりがキレイだと100万円単位でアップします
また、ちょっとしたことですが、玄関先に花を置くだけでも変わりますし、家中の掃除をしておくことももちろん大切です。
売り出し価格を見た人は家の実物を見るために内覧に訪れるのですが、内覧に訪れる人が気にするポイント(水まわりや収納など)と全体の印象を良くしておくことは本当に重要です。

内覧の際の対応も工夫をする中で重要な要素になります。
内覧者から出るであろうよくある質問への答えも事前に用意しておくべきですし、過度に内覧に来た人に付きまとわないなど、気をつけるべきポイントがたくさんあります。
内覧する人のための「チェックシート」をインターネット上に公開している人もいますので、これを逆手にとって「どこを細かく見られそうか」を把握しておくのも有効です。


ここで関連コラムを3つご紹介

▶-----以下の記事では「不動産売却の適正価格を知る方法」について解説しています。「売り出し価格」が決まる要素などが分かるようになります。

こんな記事も読まれてます
不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却は1円でも高く売りたいと考える人は多いものですが、売り出し価格が適正価格でなければ売ることは難しくなります。売り出し価格が決まる要素、その過程はどんなものなのでしょうか?この記事を読んで参考にしてください。

不動産売却の適正価格を知る方法

▶-----以下の記事では「抵当権の外し方」について解説しています。金融機関から借りた資金で買った不動産ローンの返済が終わらないまま売却できる方法をお伝えします。

こんな記事も読まれてます
不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却では、通常、抵当権が設定されたままその不動産を売却することはできません。しかし、金融機関から借りた資金で買った不動産ローンの返済が終わらないまま売却できる方法があります。どういうことでしょうか?この記事で解説しています。

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

▶-----以下の記事は「固定資産税評価額」について解説をしています。不動産売買における固定資産税評価額の知識が得られます。

こんな記事も読まれてます
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額とは、土地や建物の価値を意味し、固定資産税、都市計画税、登録免許税、不動産取得税の4つの税金の金額に影響します。不動産売買において固定資産税評価額の知識は重要なので、当記事を参考にしてみてください。

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは


家を売るときに発生する諸費用を見てみましょう!

家を売るときの諸費用あれこれ

家を売るときにローンがまだ残っているケースもよくあります。
ローン残高が1,500万円の場合1,500万円で売れればよいかというと、そうはいきません。
諸費用があれこれかかってしまい結局マイナスになってしまうためです。

主な諸費用には、仲介手数料、印紙税(契約書の印紙代)、抵当権抹消登記(司法書士)費用、住宅ローンの繰上げ返済手数料があります。
中でも大きな額になるのは仲介手数料で、通常「取引価格の3%+6万円+消費税」です。
例えば、家を1,500万円で売った場合の仲介手数料は「45万円(1,500万円の3%)+6万円+消費税」で55万800円になります。

これに印紙税1万円、抵当権抹消登記(司法書士)費用1万5000円、繰上げ返済手数料5250円を足すと、58万1050円になり、この分がマイナスということになってしまいます。
マイナスを避けるためにはローン残額より諸費用分以上は高い価格で家を売りたいところです。


小さな工夫や手間で出て行くお金を減らすことだって。

家を売るときに出て行くお金を減らす工夫

家を売るときには、小さな工夫や手間で出て行くお金を減らすこともできます。
代表的なものとしては、「抵当権抹消登記を自分で行う」「税務上の特例申請をする」が挙げられます。

抵当権抹消登記は、司法書士に依頼すると1万5000円程度(うち実費は3,000円程度)ですので、自分で行えば1万円以上浮きます。
ローン会社からもらった書類に法務局のホームページからダウンロードした表紙を1枚書いてつけるのみで、ほぼ法務局まで行く手間だけですので、法務局が近いのであれば自分で行ってみてもよいでしょう。

税務上の特例申請は、ケースによってかなり複雑です。
税理士に相談するか、税務署の相談窓口に問い合わせてみるとよいでしょう。
家を売りたい理由が住み替えの場合、新しい家の購入に関連して税務上の特例がありますので、併せて聞いておけば効率的でお得です。


この記事のまとめ

家を売りたいときに、ただ受身になって流されてしまうと損をします。
工夫次第で高く売れ、出て行くお金も減らすことができるということを知っておきましょう!

元の金額が大きな売買ですので、小さな工夫が生み出す金額も相当大きなものになります。
不動産業者がアドバイスしてくれる場合ももちろんあるでしょうが、担当者によるところも大きいので過度の期待は禁物です。 アドバイスを参考にやはり自分でも高く売れるよう工夫したいものです。それにはできるだけ多くの情報が必要なのは言うまでもありません。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産の売却を考えるの関連記事

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説
自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説 公開
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます 公開
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説 公開
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント 公開
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ 公開
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?
相続税は高い!土地の売り方のコツとは? 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ! 公開
不動産売却時のリスクを知る
不動産売却時のリスクを知る 公開
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは?
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは? 公開
不動産売却のメリット・デメリット
不動産売却のメリット・デメリット 公開
不動産売却で大切にするべき視点
不動産売却で大切にするべき視点 公開
不動産売却-家を売る方法と注意点とは?
不動産売却-家を売る方法と注意点とは? 公開
不動産を売る人の心得とは?
不動産を売る人の心得とは? 公開
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目 公開
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う?
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う? 公開