住宅ローン利用時のリロケーション

リロケーションとは、所有物件を賃貸物件として貸し出す不動産経営の一形態で、家賃収入を得られるという大きなメリットがあるのです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

ローンがかなり残った家のリロケーション

現在住んでいる住宅のローンが残っている状態にも関わらず、勤務先に転勤を命じられ住居を離れなければならない状況も十分考えられます。
そういった場合、所有している物件の住宅ローンを支払いながら転勤先における新居の家賃を支払う二重の支払い状態は、多くの人にとって経済的にかなりの負担となります。

そんなときに活用したいのがリロケーションです。
リロケーションとは、所有物件を賃貸物件として貸し出す不動産経営の一形態で、家賃収入を得られるという大きなメリットがあるのです。

従来の賃貸借契約では入居者が更新を希望した場合は応じなければいけない決まりでしたが、契約の更新を行わない定期借家契約という契約を締結できるため、 転勤の期間が終われば確実に所有物件の賃貸契約を終了させ、自宅として済むことが出来るのです。

少しでも住宅ローンの負担を減らす

自宅をリロケーション物件として貸し出す最大のメリットは、家賃収入が得られることです。
オーナーが住まない住宅をリロケーション物件として有効活用し、家賃収入を住宅ローンの返済に充てることにより、住宅ローンの負担を減らすことに繋がります。

会社によっては、転勤先の新居の家賃は会社が支払うことも少なくありません。
その場合は、新居には自費で家賃を支払うことなく住むことができ、貸し出している物件の家賃収入で住宅ローンを返済しているため、 転勤期間が終了し帰任したときには、出費なしで住宅ローンを減らしていることになるのです。

また、住宅ローン減税を利用している場合、手続きを行えば物件を貸し出しても継続して減税の適用が受けられるようになりました。
リロケーション物件の利用者は増加傾向にあります。

賃貸に出す前のリフォーム

物件を賃貸に出す場合、出来るだけ高い家賃を設定することで資金面の負担を大きく減らすことが可能になります。
しかし、家賃は高すぎても入居者が集まらないため住宅の設備にあった額に設定する必要があります。
家賃を高くするためには、リフォームを行うことが有効な手段です。
分譲物件と賃貸物件では重視する要素が異なるため、リフォームで賃貸物件にふさわしい間取りや設備にすることで、高い家賃でも入居希望者が集まるようになるのです。

リロケーション物件の賃貸住宅として最適な状態にするためのリフォーム費用は、不動産経営としての融資を受けられる場合があります。
融資を受けることによって手元資金を減らさずに物件の価値を高め、相応の家賃を設定できるようになるため高利回りの物件になり、効率の良い資金運用が出来るのです。

家を貸す際に注意すべきことの関連記事

自宅の部屋や持ち家を貸すときの注意点をケース別に解説!初心者必見
自宅の部屋や持ち家を貸すときの注意点をケース別に解説!初心者必見 公開
民泊をする時に考えるのはこんな事
民泊をする時に考えるのはこんな事 公開
持ち家・マンションを貸す方法。失敗しないチェックポイント5!
持ち家・マンションを貸す方法。失敗しないチェックポイント5! 公開
リロケーションの税金についての注意点
リロケーションの税金についての注意点 公開
住宅ローン返済中のリロケーションについて
住宅ローン返済中のリロケーションについて 公開
住宅ローン利用時のリロケーション
住宅ローン利用時のリロケーション 公開
海外赴任のリロケーション時の車の扱い
海外赴任のリロケーション時の車の扱い 公開
家具や車など置いておけるの?
家具や車など置いておけるの? 公開
原状復帰の方法・確認すべき点は?
原状復帰の方法・確認すべき点は? 公開
家を貸す前の確認事項
家を貸す前の確認事項 公開