家具や車など置いておけるの?

海外赴任などで持ち家を貸し出すことになった場合、手持ちの家具や車などはどうしたらいいのでしょうか? すべてを海外に持っていくことはできません。その場合の保管方法について見てみます。

この記事を読むのにかかる時間:5分

家具を預けるには?

家財道具はトランクルームやレンタル倉庫などに置いていくことが可能です。
最近ではさまざまなトランクルームやレンタル倉庫と呼ばれているものがあります。
スペースの広さも多数あり、管理人が常駐しセキュリティを強化しているところも多いようです。
また温度や湿度の空調管理までしてくれるところもありますので用途にあったスペースを選ぶといいでしょう。

トランクルームとは?

主に日常で使用しないものを預けておくスペースのことを「トランクルーム」と言います。近年その数は大変増えています。
以前は郊外にあることが多かったようですが、現在では駅に近く、利便性のいい場所にある場合も増えました。
海外赴任でなくても、日常的に収納しきれない衣類や書籍、使わない家電、ゴルフ用品などを預ける人も多いようです。

どんな種類がある?

トランクルームやレンタル倉庫は、いくつかのタイプに分けられます。用途によって選択ができます。
各会社によりサービス内容、セキュリティは異なります。それぞれの会社に問い合わせてみましょう。

種類 特色
トランクルーム型 屋内型の収納スペース。主にビルの室内などに設置されていることが多い。用途により広さが選べる。セキュリティ面で安心できる。
コンテナ型 屋外型の収納スペース。コンテナを倉庫代わりとして利用する。広さがあり使い勝手はいい。比較的土地のある郊外に多い。二階建てになっているものもあり、上部の場合は搬入、搬出が大変な場合もある。また温度の管理などは難しい。
ミニボックス型 屋内型の小収納スペース。段ボールひとつから預けることが可能。
専用型 貴重品専用の貸金庫タイプやバイク専用、ワイン専用などもある。

どうやって借りるの?

トランクルームやレンタル倉庫を借りる場合、アパートやマンションを借りるのと同じように契約が必要です。
事務手数料、保証金が必要な場合もあります。使用料も家賃のように、月ごとに料金を支払うことが多いようです。

保険などはどうしたらいい?

やはり大切なものを預けるわけですから、万が一に備えて、火災保険や盗難保険などに入っておくことがいいでしょう。
各会社によってその加入方法に違いがあります。場合によっては保険が用意されていない場合があるようですので、事前に確認しましょう。

車を預けるには?

車を預ける場合は専門の業者に依頼するほうがいいでしょう。通常室内に保管し、各種メンテナンスをしてくれます。
車は定期的にエンジンを入れてあげないとバッテリーが上がってしまい、車そのものが傷んでしまいます。
預ける期間が短ければ月極駐車場や空港に近い駐車場でもいいかもしれませんが、年単位など長期で預ける場合は、車のメンテナンスまで行ってくれる会社を選ぶことが望ましいでしょう。

どういったサービスがある?

専門業者に車を預けた場合の一般的なサービス内容を挙げてみます。各会社によりサービス内容が異なりますので、詳細は各会社に問い合わせましょう。

受けられる主なサービス
エンジンの始動 手洗い、機械での洗車 車内清掃 車検取得、整備工場までの搬送など

税金や保険などはどうなる?

自動車を所有している場合、使用の有無にかかわらず「自動車税」がかかります。
長期で預けなければならない場合は、一時的に抹消登録するか、関係機関に車両使用停止の報告をすることで自動車税や各種保険が停止できる場合があるようです。
詳細については関係機関に問い合わせてみましょう。

家族、親戚に使用してもらう場合

家族や親戚が車を預かってくれるということであれば、費用も安くすみ、好都合といえるでしょう。
ただ預かるだけということであれば特に問題ありませんが、もしも家族や親戚の方が実際車を運転したいということであれば「使用者の変更」をした方がいいでしょう。
通常個人名義で使用している場合、車検証の「所有者欄」は所有者本人の名前が書かれており、「使用者欄」には何も書かれていません。
使用者の変更をすれば、実際利用する方の名前(家族や親せき)が記載されるようになります。
もしも交通違反などをしてしまった場合の出頭命令は使用者宛になります。

車を手放す予定である場合

海外赴任中に車を売却したり、廃車にしたりする可能性があるのであれば、家族や親戚に名義変更をしておくと、その後の手続きが楽になります。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ


あなたに最適な賃貸管理会社を探します!
賃貸管理会社を徹底比較

この記事のまとめ

海外への引っ越しの場合、身の回りのものをすべて持参することは難しいでしょう。
特に大型の家財道具や車は日本に置かざるを得ない状況になることも多いはずです。
それぞれの用途に合わせ、サービス内容を考慮し保管先を選定することが大切です。

家を貸す際に注意すべきことの関連記事

今話題の民泊をする時に考えるのはこんな事
今話題の民泊をする時に考えるのはこんな事 公開
リロケーションの税金についての注意点
リロケーションの税金についての注意点 公開
住宅ローン返済中のリロケーションについて
住宅ローン返済中のリロケーションについて 公開
住宅ローン利用時のリロケーション
住宅ローン利用時のリロケーション 公開
海外赴任のリロケーション時の車の扱い
海外赴任のリロケーション時の車の扱い 公開
家具や車など置いておけるの?
家具や車など置いておけるの? 公開
原状復帰の方法・確認すべき点は?
原状復帰の方法・確認すべき点は? 公開
家を貸す前の確認事項
家を貸す前の確認事項 公開