不動産売却価格の効果的な下げ方とは?

不動産売却をする際、ニーズのミスマッチなどでなかなか売却ができないといったことがよく見られます。1円でも高く売れることに越したことはないですが、売れなければ意味がありません。即効性があるやり方、効果的なやり方を検証しました。

この記事を読むのにかかる時間:5分

販売価格を変更するとき

不動産売却をする際、ニーズのミスマッチなどでなかなか売却できないといったことがよく見られます。1円でも高く売れることに越したことはないですが、売れなければ意味がありません。

例えば、賃貸物件でしたら、敷金礼金を無しにしたり、部屋をリフォームしたり、こうしたことで付加価値を付けて、お客さんを引き付けるといったことが可能になります。
しかし、不動産売却となると、なかなかそれだけでは厳しいと言えます。ではどうすればいいのでしょうか?即効性があるやり方としては、販売価格の変更です。
今まで高めに設定していたので、これを機会に下げるということが価格の効果的な施策として有効かもしれません。

しかしながら、ただ価格を下げて、それで売却できるというものでもありません。
値下げをするにあたり、効果的に見える下げ方もあれば、そうでない下げ方があるのです。

小刻みな値下げ交渉

効果的ではない下げ方の代表例が、小刻みに金額を変更するやり方です。

例えば、4,980万円の物件があったと仮定します。
来月は4,900万、その翌月は4,800万、以降、売却が成立するまで50万円ずつ下げていくという「売れるまで何度も少しずつ価格を下げていくやり方」があります。

不動産に関するWebサイトなどで、物件に関する登録情報がその都度更新されるため、何か月前から掲載されていたのに、 あたかも新着物件かのように扱われることになり、より多くの人の目に触れさせることで、売却につなげようという思惑があります。

ただ残念なことに、こういう動きに関して、消費者は大変敏感です。買い手である消費者からすれば、1円でも安く不動産を購入したいと考えますから、 毎月のように値下げが行われれば、当然その動向は確認します。小刻みに値下げしても、その効果は乏しいというのが現状です。

不動産会社とのやり取り

不動産売却における効果的な値下げのやり方は、一気に価格を下げることです。
上記で「小刻みな値下げは効果がない」と書きましたが、効果があるのは、一度に価格を引き下げることです。これは大変効果があり、インパクトも絶大です。
その値下げも、1回だけにすることが大きなインパクトに寄与します。

値下げ交渉というものは、不動産会社とのやり取りで行われます。
小刻みな値下げでは「1円でも多く売りたいけど、とりあえず様子見で値下げしよう」という気持ちを見透かされるため、到底買われることはありません。
最も大事なポイントは「相場やニーズをきっちりと把握した上で、この金額が売却におけるギリギリのラインだ!」と不動産会社が見極めた上で一気に値下げをすることです。その効果は絶大です。

こうした交渉をする際も、売り手である人も周辺の動向をチェックしたうえでその話し合いに参加しましょう。全てを不動産会社の言う通りにしてはいけません。

以上、物件を売りに出した際に考える「不動産売却価格の効果的な下げ方」について見てみました。
参考にしていただければ幸いです。

*関連コラム:不動産売却-なかなか売れないのは価格のせい?

あなたのお悩みをイエカレがズバッと解決!!不動産の知恵袋

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい:土地の名義変更の方法を教えてください

*あわせて読みたい:自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場を解説

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい:不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介

*あわせて読みたい:不動産売却の適正価格を知る方法

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を解説!

*あわせて読みたい:ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説!

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:コロナでもアパート経営は成り立つか?影響とリスクヘッジ策を解説!

*あわせて読みたい:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

*あわせて読みたい:不動産取引を安心して行う「ウチノカチ」で「相場感」を知ろう

不動産売却コラムの関連記事

不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説! 公開
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説 公開
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴 公開
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する? 公開
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想 公開
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい?
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい? 公開
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある?
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある? 公開
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの?
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの? 公開
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう!
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう! 公開
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは 公開
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと 公開
相続した不動産を売却するメリットとデメリット
相続した不動産を売却するメリットとデメリット 公開
後から困らないために【不動産売却と税金】
後から困らないために【不動産売却と税金】 公開
不動産売買に掛かる諸費用とは?
不動産売買に掛かる諸費用とは? 公開
不動産売却で損失が出た場合の特例とは?
不動産売却で損失が出た場合の特例とは? 公開
不動産売却価格の効果的な下げ方とは?
不動産売却価格の効果的な下げ方とは? 公開
不動産の価格を形成する要因は何か?
不動産の価格を形成する要因は何か? 公開
不動産を相続するときに注意したい5つのポイント
不動産を相続するときに注意したい5つのポイント 公開
相続した土地のせいでトラブルに見舞われないようにするためには?
相続した土地のせいでトラブルに見舞われないようにするためには? 公開
不動産を売るときの仲介手数料について
不動産を売るときの仲介手数料について 公開