不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!

現在、所有している住居を売却し、新しい家の購入を検討している方にとって、今の家をいくらで売却できるのかという点は重要なポイントです。実際に家の売却を行うか否かは別として、自分が住む家の価格を知りたいという方もいるでしょう。

「不動産一括査定」は、現在の住宅売却価格を知りたい方にとって、便利なサービスです。
この記事では、不動産一括査定の概要・流れからメリット・デメリット、さらに不動産会社を選ぶ際のポイントまで、詳しく解説します。住居の売却を考えている方や不動産の価格を知りたい方は、ぜひ目を通してください。

1.そもそも「不動産一括査定」とは?

まずここでは、「不動産一括査定」とは、どのようなサービスであるのかについて、簡単に説明します。

不動産一括査定とは、名前からもわかるように、複数の不動産会社に一括して査定を依頼できるサービスです。特に、自分が所有している不動産の売却を検討しているものの、どこの会社に査定を依頼すべきかわからない方にとっては、便利なサービスであるといえます。

1-1.不動産一括査定のやり方

不動産一括査定を実際に利用する際には、いくつかの手順を踏まなければなりません。そこで、ここからは不動産一括査定の一般的な利用手順について紹介します。

不動産一括査定を利用する際の流れは、以下の通りです。

①所有している不動産の情報を入力
②自分(不動産所有者)の連絡先を入力
③査定してもらいたい不動産会社を選択
④査定結果の連絡が訪れるまで待機

まず、不動産一括査定では自分が所有している不動産の情報を入力します。入力する情報は、依頼者の氏名・連絡先の他に、以下の5種類が一般的です。

・住所
・物件の種類(マンションや一戸建て、土地など)
・間取り
・面積
・築年数

不動産一括査定では、主に上記の入力情報を用いて、売却価格の算定を行います。

一括査定を希望する不動産の情報や自分の氏名・連絡先を入力した後は、提携している不動産会社の中から、査定を希望する会社を選択しましょう。
より客観的な不動産の売却価格を知りたい場合は、できるだけ多くの不動産会社を選択することがおすすめです。不動産会社を選択する際は、ページ上に記載されている会社の特徴を参考にすると良いでしょう。

不動産一括査定の利用者が行う作業は上記の通りです。査定の申込を済ませた後は、不動産の査定結果が入力した連絡先に送付されるまで待ちましょう。

不動産一括査定サイトでは、住所や物件の広さ、築年数などのデータをもとに査定する「簡易査定」が行われます。しかし、実際に物件の売却を行う際は、「訪問査定」が必要です。訪問査定では、不動産会社の担当者が物件に出向き、周辺環境などの調査を行った上で、売却価格の算定を行います。

そのため、不動産一括査定サイトで得られた査定価格は、あくまで参考レベルのものである点に注意しましょう。

1-2.申込から不動産売却までの流れについて

不動産一括査定で住宅の価格を査定した後、査定結果によっては、そのまま不動産の売却を希望する方もいるでしょう。そこで、不動産一括査定の申込から不動産売却までの流れを以下に紹介します。

①不動産一括査定に申込を行う
②査定結果がメール・郵送で届く
③不動産会社と媒介契約を結ぶ
④買い手を探す
⑤内覧に対応する
⑥買付をもらう
⑦売買契約を結ぶ
⑧不動産を引き渡す

査定を依頼した各不動産会社から、自宅に郵送、もしくはメールで査定結果が送られます。各社の査定結果を確認し、自分の希望に沿う不動産会社が見つかった場合は、売却手続きへと進みましょう。

不動産を売却する際には、不動産会社と「媒介契約」を結びます。媒介契約とは、不動産売却の仲介を依頼する不動産会社に、どのような条件で売却活動を依頼し、成約した際の報酬金額をどのようにして決定するのかについて定めた取り決めです。
媒介契約の種類によっては、不動産会社を仲介せずに、自分で取引を行うこともできますが、通常は不動産会社の仲介を受けて、物件の取引を行います。

本格的に購入希望者との話が進んでいくと、購入希望者は物件の内覧を希望する場合がほとんどです。内覧は不動産会社に任せることもできますが、売却希望者が同席するケースが多く見られます。また、内覧の前には物件の中をきれいに掃除しておくことで、購入希望者からの印象を良くすることが可能です。

内覧が終わり、購入希望者の意思が固まった場合は、「買付」と呼ばれる不動産の購入申込書が送付されます。買付には購入条件が記載されているため、その内容をしっかりと確認して契約に進むか否かを決定しましょう。

買付の送付後、購入希望者、売却希望者ともに契約を行う意思が変わっていなければ、そのまま売買契約へと移ります。売買契約の際には、印鑑や本人確認書類など持参しましょう。

購入希望者と契約を締結した後、特にトラブルが起こることなく諸手続きが完了すると、不動産を引き渡します。引き渡し日は、買主と売主で相談して設定しますが、期日までに引越し手続きを済ませられるよう、引き渡し日の設定や引越しの準備は計画的に行いましょう。

2.不動産一括査定を利用するメリット

現在、数十種類以上の不動産一括査定サイトが存在し、年々サイトの数は増加傾向にあります。このように、不動産一括査定というサービスが広まりを見せている理由は、売却を検討している方にとって、様々なメリットがあるためです。

ここでは、不動産一括査定を利用するメリットについて、大きく3つに分けて説明します。

2-1.一社ごとに査定をする手間が省ける

不動産一括査定を行う最大のメリットは、一度に複数の不動産会社に査定を依頼できるため、一社ごとに査定を行う手間が省けるということです。

通常、複数の会社に対して売却を希望する物件の査定を依頼するためには、一社ごとに申込手続きを行わなければなりません。仮に、五社に対して査定依頼を行う場合は、5回も申込手続きを繰り返す必要があります。
しかし不動産一括査定は、各社に申込を行う手間を削減するために生まれたサービスであるため、一度の申込手続きで複数の不動産会社に査定を同時に行うことが可能です。

2-2.同条件で査定額やプランを比較できる

不動産一括査定を利用する大きなメリットとしては、査定額や売却プランを同じ条件で比較できるという点があります。

不動産一括査定では、複数の不動産会社が同じ情報を用いて査定を行うため、同じ条件で査定額や売却プランの比較が可能です。各不動産会社に別々で査定を依頼すると、申込の際に入力が求められる査定項目が異なっている場合があり、完全に同じ条件での比較はできません。

また、不動産会社を比較する方法として、ホームページなどの情報を見比べるという方法もあります。しかし、不動産会社のホームページに掲載されている情報は、あくまで過去の実績値であり、自分が所有する物件の現時点における売却価格を知ることはできません。

その点、不動産一括査定では自身が所有する不動産の査定額や売却プランなど詳細な部分まで、比較できるというメリットがあります。
そのため、できるだけ良い条件を出してくれる不動産会社に売却を依頼したい方や、1つの不動産会社だけに査定を任せることは不安だという方に、不動産一括査定はおすすめです。

2-3.不動産会社から良い条件を提示される可能性が高くなる

不動産会社から、より優れた売却条件を提示される可能性が高いことは、不動産一括査定を利用するメリットの一つです。

不動産一括査定を経由して査定依頼を行うと、査定を行う不動産会社は、売却希望者から他の不動産会社と比較されているという認識を持ちます。他の不動産会社と比較されているという認識を持っている会社は、自社に売却依頼を出してほしいと考えることが通常です。

そのため、不動産一括査定を利用すると、不動産会社は他社との競争に敗れないように、できるだけ良い条件で査定額・売却プランを提示しようとする傾向があります。少しでも良い条件で不動産を売却したいと考えている方は、不動産一括査定を経由して依頼することがおすすめです。

3.不動産一括査定を利用するデメリット

不動産一括査定には、メリットだけではなく、いくつかデメリットが存在します。主なデメリットは下記の通りです。

・営業電話・メールが増える可能性がある
・すべての不動産会社を比較できるわけではない

ここでは、不動産一括査定を利用することによって起こりうる上記のデメリットについて、詳しく解説します。

3-1.営業電話・メールが増える場合がある

不動産一括査定は、同時に複数の不動産会社へ売却価格査定の依頼を行うサービスです。
言い換えれば、複数の不動産会社に対して、売却希望者が持っている物件の情報を提供することとなります。

そのため査定依頼をする際は、本人確認のために物件の情報はもちろん、土地所有者の連絡先などの項目を記入しなければなりません。これにより、複数の不動産会社から物件売却に関する営業電話やメールが行われる可能性が高い点が、不動産一括査定のデメリットです。

ただし、近年は個人情報の取り扱いに対する社会の目が厳しくなり、営業電話やメールを嫌う方も増えています。営業電話を嫌う方は一括査定の申込を行う際に、備考欄などに「まずはメールで連絡が欲しいです」という趣旨の記述を行いましょう。
多くの不動産会社は、希望の連絡方法と時間を事前に伝えれば、それ以外の時間帯や方法での連絡を控える傾向にあります。

もちろん、営業電話やメール配信は、査定を依頼した不動産会社によるもののみです。査定を依頼していない不動産会社から営業電話やメール配信が行われることはありません。

3-2.すべての不動産会社を比較できるわけではない

不動産一括査定は、複数の不動産会社に対して同時に査定依頼が行えるサービスですが、すべての不動産会社に査定を依頼できるわけではありません。
不動産一括査定で査定を依頼できる不動産会社は、サイトが提携している会社のみです。不動産一括査定サイトが提携していない不動産会社に、物件の査定は依頼できません。

特に、地域ごとにある小規模な不動産会社などは、不動産一括査定に含まれていないことが多いため、地元の不動産会社と比較したい場合は注意が必要です。

ただし、大手の不動産会社では、日本全国にネットワークが形成されていることが多く、地方部の物件を売却したいと考えている方も、査定が行えます。

4.査定額だけではNG!不動産会社を選ぶ際のポイント3選

不動産の査定でまず目に付くポイントとして、不動産の「査定額」があります。しかし、査定額はあくまで不動産会社の出した見積もりに過ぎず、実際の物件売却価格とは一致しないことも少なくありません。

そのため、不動産一括査定の結果から不動産会社を選ぶ際には、「査定額以外にもチェックしておくべきポイント」を必ずおさえておきましょう。

ここからは、不動産一括査定後にチェックすべき、不動産会社を選ぶための重要なポイントを、大きく3つに分けて紹介します。

4-1.①不動産会社が提案するプラン

不動産一括査定の結果として不動産会社が提示する内容の中には、査定額以外に不動産の「売却プラン」があります。
不動産会社が提示する売却プランには、どのように不動産を売却するのかが記載されているため、プランの内容がより具体的で、早期に不動産が売れそうだと感じる不動産会社を選びましょう。査定額を見る際も、提示されている金額の根拠や、信頼性が高いか否かは、重要な判断基準となります。

また、売却プランだけでなく、媒介契約の選択にも注意が必要です。

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。各媒介契約の特徴は下記表の通りです。

専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約
複数の不動産会社との契約可否一社のみと契約する一社のみと契約する同時に複数社と契約できる
自分で買主を見つけた場合(自己発見取引の可否)不動産会社の仲介が必要
(自己発見取引は不可)
不動産会社の仲介が不要
(自己発見取引は可能)
不動産会社の仲介が不要
(自己発見取引は可能)
契約期間契約期間:最長3ヶ月契約期間:最長3ヶ月規定なし
販売状況の報告頻度7日に1回以上14日に1回以上規定なし
不動産流通機構(レインズ)への登録義務契約から5日以内に登録契約から7日以内に登録登録義務なし

専属専任媒介契約や専任媒介契約では、契約を結べる不動産会社は一社に限定されます。一方で、一般媒介契約では同時に複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能です。また、専属専任媒介契約では、仮に自分で買主を見つけた場合も、必ず不動産会社の仲介が必要となります。

このように、契約の種類によって、物件の売却希望者に対して課せられる制限が異なる点が、不動産媒介契約の特徴です。
もちろん、専属専任媒介契約や専任媒介契約では、販売状況の報告頻度が高く、円滑な物件売買を促進する不動産流通機構への登録が行われるというメリットもあります。自分の希望する売却プランや物件の特徴を踏まえて、媒介契約の種類を選択しましょう

4-2.②不動産会社の実績・口コミ

不動産会社を選ぶ際は、その会社の実績や口コミを調べることも大切です。

不動産会社の実績を確認する際は、売却を希望する物件と条件の近い物件の取引実績を中心に見ていきましょう。特に、比較的事業規模の大きくない不動産会社では、自分の物件に近い物件の取引実績があるか否かが重要となります。
なぜなら、大手の不動産会社であれば、多種多様な物件が取り扱われていますが、中小の不動産会社では取引実績のある物件が偏る傾向にあるためです。
そのため、自分が所有する不動産と近い条件の物件について取引実績がある不動産会社を選択しましょう

また、インターネットなどで不動産会社の口コミを調べることで、その会社の実情を知ることに繋がります。インターネットに存在するすべての口コミが信頼に足るわけではありませんが、不動産会社の全体的な傾向を知ることは可能です。あまりに悪い口コミが集中する場合、媒介契約を結ぶか否かの判断は、慎重に行うべきでしょう

4-3.③不動産会社の得意分野と物件の相性

不動産会社には、それぞれ得意分野があります。「マンションが得意なのか、一戸建てが得意なのか」など不動産会社の得意分野が自分の所有する物件と一致するか否かも、不動産会社を選ぶ際の重要なポイントです。

不動産会社の得意分野を調べるためには、取引実績を確認しましょう。また、地域密着型の不動産会社であれば、「特定エリアの不動産取引に強い傾向がある」など物件の種類だけではなく、エリアごとの得意・不得意があります。

不動産会社が提示する取引実績や広告・パンフレットを確認し、その会社の得意分野と自分の物件がマッチングするか否かを確認してから、媒介契約へと進みましょう。

5.不動産一括査定サイトはどう選ぶ?

現在、不動産一括査定を提供するサイトは、数十種類以上も存在します。数多くのサイトから適切な不動産一括査定サイトを選択するには、以下の3点を意識して、選択することが大切です。

・サポート体制が万全であるか
・登録されている不動産会社が豊富にあるか
・実際に利用した人からの口コミ評価は高いか

不動産一括査定は、複数の不動産会社に査定依頼を一括的に行えるサービスです。しかし、査定の依頼手続きだけでなく、不動産一括査定サイト自体で電話相談などのサポートを受け付けているサイトもあります。

各不動産会社から独立した、公平な立場である不動産一括査定サイトからサポートを受けることで、より有利な条件で所有している不動産の売却を行うことが可能です。そのため、電話相談など充実したサポートが受けられる不動産一括査定サイトを選びましょう

また、登録されている提携会社の数も、不動産一括査定サイトを選ぶ際の重要な基準の一つです。不動産一括査定サイトでは、登録されている不動産会社以外に査定を依頼できません。
より客観的な売却価格を査定するためには、できるだけ多くの不動産会社の査定を受けることがおすすめです。そのため、査定できる不動産会社の数が多いサイトを選択しましょう

ただし、単純に不動産会社の数だけでなく、査定できる物件のタイプに適したサイトを選ぶことも大切です。マンションの査定を希望する方が、一戸建てを中心に取り扱う不動産会社が多く登録されている不動産一括査定サイトを利用しても、メリットは大きくありません。
自分が所有している物件のタイプや希望の売却方法などを踏まえた上で、不動産会社の登録数が豊富な不動産一括査定サイトを選ぶことが大切です。

そして、利用者の口コミも、不動産一括査定サイトを選ぶ際の基準として使えます。口コミは、必ずしも信憑性があるとはいえないものの、サイト側ではなく利用者の立場から行った評価であるため、よりサイトの実情を理解することが可能です。

もっとも、不動産一括査定サイトは、あくまで不動産会社と売却希望者を繋ぐのみのサービスといえます。「実際に売買を仲介する不動産会社に対する口コミ」と「不動産会社を選ぶ際の参考情報を提供する不動産一括査定サイトへの口コミ」は別物であることを理解しておきましょう。

まとめ

「不動産一括査定」は、一度に複数の不動産会社に査定の依頼を行えるサービスです。不動産の情報や連絡先を入力することで、手軽に複数社の査定が行えます。また、査定後に気に入った不動産会社があった場合には、そのまま媒介契約・不動産売却に移ることが可能です。

不動産一括査定サイトを選ぶ際には、サポート体制・登録企業の豊富さ・利用者の口コミに注目しましょう。また、マンションや一戸建て物件など自分の所有している物件のタイプや地域を踏まえて、不動産一括査定サイトや不動産会社を選ぶことが大切です。

満足できる不動産売却を実現するために、不動産一括査定サイトを通じて、仲介を依頼する不動産会社を選択しましょう。

不動産売却コラムの関連記事

不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説! 公開
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説 公開
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴 公開
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する? 公開
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想 公開
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい?
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい? 公開
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある?
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある? 公開
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの?
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの? 公開
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう!
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう! 公開
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは 公開
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと 公開
不動産売却の流れ
不動産売却の流れ 公開
不動産売却査定を依頼する際のポイント
不動産売却査定を依頼する際のポイント 公開
売却時の固定資産税の精算について
売却時の固定資産税の精算について 公開
不動産売却契約における注意点
不動産売却契約における注意点 公開
売却時の抵当権抹消登記の重要性
売却時の抵当権抹消登記の重要性 公開
不動産売却のメリットとデメリット
不動産売却のメリットとデメリット 公開
不動産売却の譲渡所得の計算方法
不動産売却の譲渡所得の計算方法 公開
相続した不動産を売却するメリットとデメリット
相続した不動産を売却するメリットとデメリット 公開
不動産売買で気になる塀やフェンスの法制度
不動産売買で気になる塀やフェンスの法制度 公開