不動産を売るときの仲介手数料について


不動産を売るとき、不動産業者に支払う仲介手数料は不可欠です。
この仲介手数料のシステムを確認するとともに、仲介手数料を削減する不動産会社の捉え方、付き合い方を考えます。
「不動産会社の賢い利用方法」が売却のポイントです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい不動産売却時にかかる不動産仲介手数料について

*あわせて読みたい不動産売却の仲介手数料について考える

*あわせて読みたい土地を売るときの仲介手数料を徹底解説!

*あわせて読みたい【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは

*あわせて読みたい不動産売買業者には大手と地場、その違い

*あわせて読みたい相続した土地のせいでトラブルに見舞われないようにするためには?

*あわせて読みたい不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説

*あわせて読みたい誰にも教えたくないマンション買取り業者の見分け方


不動産を売るときは不動産業者に「うまく」協力して貰いましょう!

不動産を売るときは不動産業者に!

成功する不動産売却のポイントは、どのようなところにあるのでしょうか。
それは、業者に依頼する際「うまく」協力して貰うこと!!です。

不動産を売るにあたり、最初に決めるのは「物件の売却価格」です。
この売却価格が、不動産を高い価格で売却する「成功」を導くか、それとも失敗するかを決めます。
価格決定には「物件の査定」と「販売価格の設定」を用いるのが一般的です。

東京や大阪などの都市部ではとりわけ、同時期に販売している類似物件が多く販売されています。
ですから、類似物件のなかで自身の物件を目立たせて、短い期間で「買い手」を見つけるためには、まず、この同時物件の「価格帯」を把握することが重要です。

当該不動産の少し前に売却された類似物件のデータを参考にしながら、不動産の築年数や間取りなどをもとに値段をつける作業が「査定」です。

不動産の査定について知っておきたいこと

売主は査定について、複数の不動産会社に査定額の見積もりを依頼しても全く問題はありません。
むしろ大手不動産や地場の不動産会社など、タイプの異なる不動産会社から査定を取る売主の方が多いはずです。

査定金額は、不動産会社の考え方によって大きく金額の差が生じる場合も多いです。比較するときに意識して頂きたいのは、「単に≪査定額が≫高ければ良い」というわけではありません。
どのような理由でその査定額を出したのか、不動産会社の根拠や見解を聞きましょう。これが重要です。その上で、納得した1社に売却の手続き(「媒介契約」といいます)を依頼すると良いでしょう。

この媒介契約を交わした不動産会社と進めることが「販売価格の設定」です。
査定額をもとに、どれだけの金額で不動産を市場に出すかを決めます。
販売価格が高ければ買い手がつき辛くなり、一方金額が低ければ、売却時に売主に入ってくる「利益額」が少なくなります。
このバランスのとれた販売価格の提案と、物件の販売力(プロモーション力)が、不動産を売る際の重要なポイントといえます。

売買代金 媒介報酬額
200万円以下の部分 5.4%以内の額
200万円を超え400万円以下の部分 4.32%以内の額
400万円を超える部分 3.24%以内の額

不動産の仲介手数料をおさえよう

不動産を売る場合の基本となる「宅建業法」では、売主側につく不動産会社と、買主側につく仲介会社が、それぞれ「不動産の仲介手数料」を貰うことを定めています。

不動産の仲介手数料(売買の場合)= 売却価格×3%+6万円

この仲介会社が売買契約を仲介した際、売主から、そして買主から受け取る報酬の「上限額」を定めています。
1社の仲介会社「のみ」が売買契約を完了させた際は、1社の不動産会社が売主から仲介手数料を受け取り、更に買主からも仲介手数料を受け取るという内容です。

上限額で仲介手数料を受け取る、は不動産業界の不文律

不動産業界に以前在籍していた筆者の感覚では、「売買において」仲介手数料を減額しないというのは不文律です。
売買は登記や測量もセットでかかること。加えて仲介会社の労力が多いことがあり「手数料減額」とはならないことが一般的です。

また、不動産の会社同士は横の繋がりが強いという側面もあります。
ある会社が「うちは手数料1%でやります!」と言うとお客さんが集中する可能性があります。
これでは不動産業界のバランスがとりにくく、相互発展が望めません。
不動産売買で仲介手数料の減額は見られないひとつの根拠といえるでしょう。

仲介手数料を減額している不動産会社がいい?

それでも数多くある不動産会社のなかには、仲介手数料を減額している会社は存在します。

もし希望の物件を扱っている不動産会社のなかに、仲介手数料を減額している会社があれば、迷わずそちらを選んだ方がいいのでしょうか?・・・

これに関しては、「何とも言えない」といえます。

仲介手数料を削減することにより、不動産会社の1件あたりの販売利益が減るのは間違いありません。
ただ、それをすることで、対応件数を上げざるを得なった結果、1件あたりのサービスが低下する会社もあれば、それはせずに、変わらず1件1件高サービスを実現する会社も存在すると思います。

不動産を売るには、業者が持っているデータを活用し、さまざまな準備や顧客の選定を、業者とコミュニケーションを取りながら進めなければならない長期戦略が必要です。少なくとも2~3ヶ月、長ければ半年、1年になることも有り得ます。

ですから、仲介手数料の金額だけを全てとせずに、利用者自身の眼で選ぶことが大切です。


ここで関連コラムを3つご紹介します。

▶-----以下の記事では「不動産売却の適正価格を知る方法」について解説しています。「売り出し価格」が決まる要素などが分かるようになります。

こんな記事も読まれてます
不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却は1円でも高く売りたいと考える人は多いものですが、売り出し価格が適正価格でなければ売ることは難しくなります。売り出し価格が決まる要素、その過程はどんなものなのでしょうか?この記事を読んで参考にしてください。

不動産売却の適正価格を知る方法

▶-----以下の記事は「固定資産税評価額」について解説をしています。不動産売買における固定資産税評価額の知識が得られます。

こんな記事も読まれてます
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額とは、土地や建物の価値を意味し、固定資産税、都市計画税、登録免許税、不動産取得税の4つの税金の金額に影響します。不動産売買において固定資産税評価額の知識は重要なので、当記事を参考にしてみてください。

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

▶-----以下の記事では「不動産を売るときに忘れがちな費用」ついて考察をしています。意外とも思えるものを見落としてしまう方が多いのですが、いったいそれはなんでしょうか?

こんな記事も読まれてます
不動産を売るときの忘れがちな費用とは?

不動産を売るときの忘れがちな費用とは?

不動産を売るとき、仲介手数料などの諸経費は目にも見えやすいため、予め計算に入れやすいものです。一方で忘れがちな費用として代表的なものは「税金」です。税金をおさえ、不動産の売却を包括的に見る癖をつけましょう。

不動産を売るときの忘れがちな費用とは?

この記事のまとめ

不動産を売るときの仲介手数料についてまとめました。不動産会社を活用する場合、仲介手数料は必須です。 まずは仲介手数料の制度をしっかりと把握しましょう。

記事内にてお伝えした通り、仲介手数料の額だけで不動産会社を決めないことが大事です。
大きな買い物のパートナーとなる不動産会社について、しっかりと考えるようにしましょう。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産売却コラムの関連記事

不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説! 公開
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説
不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説 公開
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴 公開
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する? 公開
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想 公開
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい?
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい? 公開
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある?
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある? 公開
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの?
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの? 公開
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう!
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう! 公開
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは 公開
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと 公開
相続した不動産を売却するメリットとデメリット
相続した不動産を売却するメリットとデメリット 公開
後から困らないために【不動産売却と税金】
後から困らないために【不動産売却と税金】 公開
不動産売買に掛かる諸費用とは?
不動産売買に掛かる諸費用とは? 公開
不動産売却で損失が出た場合の特例とは?
不動産売却で損失が出た場合の特例とは? 公開
不動産売却価格の効果的な下げ方とは?
不動産売却価格の効果的な下げ方とは? 公開
不動産の価格を形成する要因は何か?
不動産の価格を形成する要因は何か? 公開
不動産を相続するときに注意したい5つのポイント
不動産を相続するときに注意したい5つのポイント 公開
相続した土地のせいでトラブルに見舞われないようにするためには?
相続した土地のせいでトラブルに見舞われないようにするためには? 公開
不動産を売るときの仲介手数料について
不動産を売るときの仲介手数料について 公開