リロケーション自宅を貸すとき・借りるときのノウハウ


この記事を読むのにかかる時間:5分


このコラムのポイントリロケーションとは、日本国内の不動産の用語としては、転勤するなど長期的に自宅が空き家になる人が、決められた期間の間、貸し出すことです。日本では例え海外赴任でも、自宅を売却することはあまり見られません。
この留守の間を、リロケーション会社に管理業務を任せて家賃収入を得ようというわけです。
ここではリロケーションの基礎的な知識とそのノウハウを簡潔に解説しています。


リロケーションとはどういうもの?

リロケーション(Relocation)は英語で移転という意味です。
日本国内の不動産の用語としては、転勤するなど長期的に持ち家を空き家にする人が、決められた期間の間、貸し出すことです。
日本では例え海外赴任でも、自宅を売却することはあまりありません。
この留守の間を、リロケーション会社に管理業務を任せて家賃収入を得ようというわけです。

また、入居者が入るので空き家状態を防ぐことが出来ます。
リロケーション会社は不動産会社が請け負っている場合が多いです。
貸出期間はあらかじめ決めておくので、転勤先から返ってくるのがいつ頃かわかっていれば利用してみてもいいかもしれません。

なお、外国では意味が違っていて、転勤に関する様々な手続きなどを代わりに行ってくれることをリロケーションサービスといいます。
内容が異なるので海外では注意してください。

こんな記事も読まれてます
【個人でもOK?】一軒家を賃貸するコツと手順をプロが伝授

【個人でもOK?】一軒家を賃貸するコツと手順をプロが伝授

近年、高齢化が進み、空き家問題がクローズアップされています。例えば「相続した実家を売るしかない」と諦めている方も「貸すことで賃料収入を得る」といった活用方法があるかもしれません。少しずつ賃貸の一戸建てを選ぶ人も増えています。

リロケーション物件を借りるときの注意点

普通の賃貸物件は期間が決まっていたとしても、住み続ける意思があれば更新することが出来ます。

しかし、リロケーション物件は借りる期間があらかじめ決まっています。
物件の持ち主が帰ってきて再び住むことになるからです。

もしも、赴任先からの帰還が延期されれば、契約を延長できるかもしれませんが、期待すべきことではないでしょう。
ですから、契約終了になるまでに次の引越し先を見つけて新たに契約する必要があります。
見つからないからといって待ってはくれないので、必ず見つけなくてはなりません。

これは、定期借家権といって契約を更新することのない借家契約です。
公正証書で契約されたことなので、法的な拘束力を持ちます。
期間満了の1年前から6ヶ月前の間に、前もってリロケーション会社から通知が来ます。
持ち主に物件を無事に返せるように計画を立てておきましょう。

あわせて読みたい
定期借家と普通借家の違いとは?

定期借家と普通借家の違いとは?

今回は「借家権」について考えてみます。不動産を貸したいと考えている方にとって、どのような方法で貸すかは重要です。借家は「普通借家」と「定期借家」の2種類があります。両者の違いと、使い分け方法、メリットの違いを比較します。

リロケーション物件として貸すときの注意点

リロケーション物件は転勤などする時、いつ赴任先から帰ってくるか分かっていれば利用するものです。帰ってくる時が契約期間の終了となります。

ところが、予定よりも早く帰ってくる可能性があります。
その場合、入居者が快く明け渡してくれれば問題はありません。

しかし契約上、期間が終了するまで住む権利は入居者にあります。
どうしても明け渡して欲しい場合はお願いをするしか無く、断られたら契約の終了を待つしかありません。その間は賃貸物件を借りることになるでしょう。
すると、住宅ローンが終わっていなければ賃貸料金とローンの返済を同時に支払わなくてはなりません。
もちろん持ち家の賃貸料金の収入はありますが、期間限定という入居者にとって不利な契約となっています。
その分、家賃は相場よりも安く設定されているはずです。

どんな物件を借りたかにもよりますが、賃料の収入よりも支出が大きいことを覚悟しなければなりません。これは非常に大きなデメリットでしょう。
リロケーション物件にするか検討する時は、このことを考慮すべきでしょう。

イエカレについて
イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは、日本最大級の不動産の総合比較サイトです。皆さまの不動産に関する不安やお悩みを解決できるように、不動産コラムを通じて、日々最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供などに取り組んでいます。

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

リロケーションの基礎知識の関連記事

【個人でもOK?】一軒家を賃貸するコツと手順をプロが伝授
【個人でもOK?】一軒家を賃貸するコツと手順をプロが伝授 公開
マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査
マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家を貸す時のコツとは!?自宅の有効活用術
家を貸す時のコツとは!?自宅の有効活用術 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
マンションの家賃収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費
マンションの家賃収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
相続で受け継いだ実家をリロケーションで賃貸物件として活用したい
相続で受け継いだ実家をリロケーションで賃貸物件として活用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ!
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味?
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
自宅を賃貸に出す!ライフプランに大きく影響する自宅賃貸
自宅を賃貸に出す!ライフプランに大きく影響する自宅賃貸 公開
賃貸での不動産収入。リロケーションで確定申告するための基礎知識
賃貸での不動産収入。リロケーションで確定申告するための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開
古い一軒家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク
古い一軒家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク 公開
リロケーション!サブリースとの違いとその収支計画について
リロケーション!サブリースとの違いとその収支計画について 公開
リロケーション自宅を貸すとき・借りるときのノウハウ
リロケーション自宅を貸すとき・借りるときのノウハウ 公開
リロケーション、定期借家に関する法律知識
リロケーション、定期借家に関する法律知識 公開
規制緩和でマンション民泊が可能になった?
規制緩和でマンション民泊が可能になった? 公開