不動産売却に関係する道路の法律って何ですか?

道路は一般的に2種類あり、国道を代表とする公道と、所有者が個人となる私道とに分けることができます。道路に関する法律による規定は住宅や土地を取得する場合、非常に重要ですがそれは不動産売却においても大きな影響があります。今回のコラムで解説します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

道路の種類と接道義務

道路には、一般的には2種類あり、国道を代表とする公道と、所有者が個人となる私道とに分けることができます。
道路に関する法律による規定は住宅や土地を取得する場合、非常に重要であり、それは不動産売却においても大きな影響があります。
例えば、規定によっては同じ面積でも土地の金額が高くなったり、また低い金額で取引をされることがあります。

建築基準法では、規定の内容によっていくつかの定義が設定されており、建物を建てる場合はその定義に沿った条件で計画をする必要が生じてきます。
そして、土地が接道していない場合には建築確認は受理されないことになっています。そのため、不動産を取得する場合においても十分に確認をする必要があるのです。

建築物敷地の接道義務

建築物を建てる場合にはその土地が2m以上接道をしている必要があります。
これは、建築基準法で定められており、都市計画区域においてはこの条件を満たしていない場合には建築確認は受理されなくなります。

ただし、緩和事項として、敷地の周辺に公園や緑地、また広場などの空き地を有する場合や敷地が幅員4m以上の農道や港湾道路など、また建築物が用途や規模、構造などを含めて避難に関して敷地内において通路などが有効に取られている場合には特定行政庁の許可が下りれば同じ扱いとされます。
この場合は申請時における事前協議が必要となり、その結果において判断が下されます。接道は不動産売却において重要な条件となり、もし接道に面していない場合は、不動産売却においてはかなり低い評価となってしまいます。

注意しなければならないのは袋小路状になっている物件の場合で、その場合には土地までの距離に関しても審査の対象となるため、確認が必要となります。

建築基準法による道路の定義

不動産に関しては建築基準法で定めている法律上の解釈の上で道路の定義をしています。
そのため、この内容をしっかりと認識したうえで不動産の売却や取得をする必要があります。
建築基準法では定義として1号から6号道路まで定めており、その数も10種類となっています。

具体的に、ザっとあげてみると、道路法によるもの、都市計画法などにより作られたもの、都市計画法などにより2年以内に作られる予定があるもの、特定行政庁から指定を受けて造られるもの、法律が定められる前から存在していた幅員4m未満のものなど。となり、その内容も6m指定区域外、区域内とに分かれています。

法律では各々において説明がされていますが、実際に確認業務を行う場合には判断が難しい場合も多く、そのような場合は事前に特定行政庁との協議が必要となります。

以上、不動産売却に関係する道路の法律について解説しました。
これらの内容は、冒頭でも述べた通り、住宅や土地を取得する場合は、非常に重要なものですから、不動産売却以外の件でも知識として知っておいて損はないと思います。
ご参考になれば幸いです。

あなたのお悩みをイエカレがズバッと解決!!不動産の知恵袋

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい:土地の名義変更の方法を教えてください

*あわせて読みたい:自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場を解説

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい:不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介

*あわせて読みたい:不動産売却の適正価格を知る方法

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を解説!

*あわせて読みたい:ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説!

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:コロナでもアパート経営は成り立つか?影響とリスクヘッジ策を解説!

*あわせて読みたい:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

*あわせて読みたい:不動産取引を安心して行う「ウチノカチ」で「相場感」を知ろう

不動産売却の基礎知識の関連記事

不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介
不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介 公開
不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介
不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介 公開
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは 公開
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説 公開
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説 公開
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説 公開
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ 公開
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには? 公開
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは 公開
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説!
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説! 公開
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで 公開
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介 公開
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ 公開
売主タイプ別-不動産売却の3つの媒介契約、その選び方を解説します
売主タイプ別-不動産売却の3つの媒介契約、その選び方を解説します 公開
不動産の買取方法「即時買取」「買取保証」のメリット・デメリット
不動産の買取方法「即時買取」「買取保証」のメリット・デメリット 公開
土地査定5つのチェックポイントで高額査定を獲得する方法
土地査定5つのチェックポイントで高額査定を獲得する方法 公開
不動産売却の全貌と気になる税金から確定申告までわかりやすく解説
不動産売却の全貌と気になる税金から確定申告までわかりやすく解説 公開
不動産売却価格の賢い上げ方とは
不動産売却価格の賢い上げ方とは 公開
不動産売却-税金に関する注意点
不動産売却-税金に関する注意点 公開
不動産売却のタイミングと、高く売るための方法とは?
不動産売却のタイミングと、高く売るための方法とは? 公開