不動産査定を成功させるために知っておきたい5つのポイント

不動産を売る場合、いくらになるか決めてもらう=査定してもらうことが前提となります。
でも、経験がないと何をどうすればいいかもわからないものです。
そこで、不動産を査定してもらう場合に必ず気を付けるべきポイントを5つまとめました

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産を売ると決めたらまずやること

住宅、土地などの不動産を売ると決めたら、まず何をすればいいのでしょうか?
やはり、真っ先にやるべきなのは、依頼をかける不動産業者を選別することです。
早めにとりかかれば、その不動産業者がどのような営業活動をしているのか、という情報をじっくり吟味することもできます。
そのうえで、「この会社なら信頼できそうだな」と思った会社について、実際に依頼をかければいいのです。

では、どのくらいの数の不動産業者に声をかければいいのかという数字について考えましょう。
妥当な線は3~5社程度ではないかと思います。

根拠を示しましょう。
1~2社だと、果たして提示された数字が妥当なのか、比較検討するにはデータが少なすぎます。
逆に、多くの不動産業者に声をかけすぎてしまうと、その後の営業攻勢が怖い、という現実も待っているのです。
「データの比較ができて、しかもお断りするときに負担にならない数」というのが、3~5社なのです。

一つの参考としてお考え下さい。
なお、どの不動産業者に頼んでも、基本的に査定にかかる金額は無料です。

高額の査定には要注意

不動産を売る側の立場からすれば、高額の査定結果を出してくれる不動産業者は魅力かもしれません。
たしかに、一見するといいように思えるでしょう。 数十万円の差なら、高いほうを選ぶべきです。

しかし、ここで問題にしたいのは、複数の不動産業者に依頼を行い、そのうちの1社だけがとびぬけて高い金額を提示してきた場合の話です。
1社だけとびぬけて高い金額を提示するのには、何か裏があります。 たとえば、こんな理由です。

・そもそも査定が間違っている。
・市場のニーズを無視ししている。
・ちゃんとリサーチを行っていない。
・契約をとるためにわざと高い金額を提示している。

ちゃんとした根拠があって高い金額を提示してくれるならいいのですが、根拠もないのに高い金額を提示してくる場合、こういったネガティブな理由が隠れていることもあります。
十分に注意しましょう。



不動産のネガティブ要因は隠さない

不動産の査定だって、立派な取引です。 もし、売ろうとしている不動産に関し、買ってもらう人に知ってもらいたいネガティブ要因については、下手に隠さないようにしましょう。
売却の理由の裏にネガティブ要因が隠れている場合、特にこの点には気を付けても気をつけすぎることはありません。
たとえば、こんなネガティブ要因がある場合は注意が必要です。

・近隣住民とのトラブル
・境界問題
・物件内での事件、事故

こういったネガティブ要因は、売主にしかわからないことがほとんどです。
隠したほうが高く売れるのではないか、という心情ははわかりますが、決してそうではありません。
もし、隠したまま売って、後になって発覚した場合、「売主の不告知」ということになり、裁判にまで発展する可能性もあります。
十分に注意しましょう。

中にはプライベートにかかわる問題もあるかもしれません。
そういう場合、依頼先の不動産業者をあらかじめ決め、真相を話して正式な査定価格を出しなおしてもらう、という方法をおすすめします。

査定の根拠と方針をしっかり聞く

不動産売買は、高額のお金がかかる取引です。
それだけに、査定金額が出たら、どういう根拠・方針で査定を行ったのかについて、しっかりと聞く必要があります。
たとえば、こういうポイントに注意して話を聞くようにしてください。

・なぜ、その価格を提示したのか?
・どのような販売計画を立てているのか?
・価格の上乗せをする場合、売り出し価格と実際の成約見込み価格はどのような金額になっているのか?

などです。
疑問点がある場合は、わかるまで質問しましょう。
また、これ以外にも、売却した後のフォロー体制が整っているかという視点で話を聞くべきです。

オンライン査定の使い方

インターネットには、指定された条件を入力すれば、査定額を出してくれるというサービスがあります。
いわゆる「オンライン査定」です。
こういった画面がイメージになります。

画面がイメージ

「この物件はこれぐらいで売れる」という大まかな情報を把握できるので、とても便利です。
ただし、あくまでこれは補助的なものであると考えてください。
事例の多い物件や、特別なネガティブ要因がない物件なら、オンラインの見積もりと同じくらいの価格で売り出せることもあります。

しかし、土地や一戸建て物件、ネガティブ要因がある物件はそうはいかないのも現実です。
繰り返しになりますが、あくまでオンライン査定の結果は参考程度にとらえてください。
実際の金額は、不動産業者に聞いた上で判断することを忘れないようにしましょう。

この記事のまとめ

実際に不動産業者に査定を行ってもらう場合でも、簡易査定と訪問査定があります。

訪問査定のほうがより詳しく実態がわかるので、可能な限り訪問査定をお願いしましょう。
しっかりと話を聞き、納得のいく条件で取引ができるようであれば、その不動産業者に話をお願いすればいいのです、くれぐれも、いい加減に話を聞いて、適当に済ませることがないように気を付けましょう。

不動産売却の基礎知識の関連記事

不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説|イエカレ 公開
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却価格の賢い上げ方とは|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産査定を成功させるために知っておきたい5つのポイント|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
住み替えを前提とした不動産運用のポイントについて|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
初めて土地を売る時に知っておきたい売却までの流れ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションの価格はどうやって決まる?新築VS中古徹底比較|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションを1円でも高く売るための5つのコツ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産一括査定サイトを使いこなすための知識【完全版】|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産買い取りで失敗しないポイントのまとめ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産買取業者の賢い選び方とは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンション売却における「専門知識」総まとめ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却に一括査定サイトを使うメリット・デメリット|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産を売るなら「買取」はアリ?ナシ?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産を売るときの忘れがちな費用とは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
戸建て住宅を売るときに必要な手数料とは|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開