不動産売却、税金はいくらかかる?知っておきたい知識のまとめ

不動産を売却した際、税金がいくらかかるのかについてはしっかり押さえておきたいところです。
でも、いくらかかるかを知るためには、基本となる知識をしっかり押さえておかないといけません。
そこで、不動産売却の際の税金の基本的な知識をまとめました。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産を売却する場合にかかる税金は?

不動産を売却し利益が出た場合、所得税(国税)と住民税(地方税)がかかります。利益が譲渡所得となり、そこに税金がかかってくるシステムです。
譲渡所得は、売却不動産の取得費に売却費用を加算した額を、譲渡価格から差し引いて求められます。
図にすると、次のようになります。

不動産を売却する場合にかかる税金は

なお、取得費を計算する場合、所有期間中の減価償却も加味しなくてはいけません。
さらに、譲渡する不動産がマイホームであった場合には、特例が設けられており、税金が優遇されます。
ここまでの話を整理しましょう。

・不動産を売り利益が出た場合、所得税と住民税がかかる。
・不動産がマイホームであった場合、税制上の優遇が受けられる。


まずはこの2点をしっかり押さえてください。

不動産売却時の税金がいくらかかるかは期間次第

不動産を売却した際にかかる税金は、譲渡するタイミングによって大きく扱いが異なります。
違いを簡単にまとめました。

・長期譲渡所得:譲渡した土地・建物の所有期間が5年超である。
・短期譲渡所得:譲渡した土地・建物の所有期間が5年以下である。


ここで注意してほしいことがあります。
長期譲渡所得と短期譲渡所得はかなり違うのです。
図にまとめると、このようになります。

長期譲渡所得と短期譲渡所得

比べて見てもらえばわかると思うのですが、2倍近い差があります。
では、長期譲渡か短期譲渡にあたるかの判断はどうやって行うのでしょうか。
一言でいえば、取得日から譲渡日の属する年の1月1日現在までの期間で判定します。
取得日、譲渡日は原則として資産の引き渡しがあった日=残金決済が終わった日と考えておけばいいでしょう。



不動産売却で利益が出たら税金上の特例がある

不動産売却で利益が出た場合、税金上の特例が受けられます。

1)居住用財産の3,000万円特別控除
マイホームを譲渡した場合、譲渡所得から最大3,000万円を差し引くことができます。
適用条件は次の通りです。

・所有者が住むために利用している住宅である、もしくはその住宅に住んでない場合でも済まなくなった日から3年目の年末までに売る予定である。
・売った年の前年・前前年にこの特例および他の所定の特例の適用を受けていない。
・親子間、夫婦間の住宅の売買ではない。
・別荘、一時的な仮住まいではない。

2)長期譲渡所得の軽減税率
10年を超えて所有しているマイホームを譲渡する場合、所定の条件を満たせば、長期譲渡所得に対する税率が軽減されます。
適用条件は次の通りです。
・国内にある自分が住んでいる家屋を売却するか、家屋とともにその敷地を売却する、あるいはかつて住んでいた家屋や敷地については、住まなくなってから3年目の12月31日までに売却する。
・売却した年の1月1日現在において、土地建物の所有期間がいずれも10年を超えている。
・売却した年の前年もしくは前前年にこの特例を受けていない。
・他の所定の特例を受けていない。
・売主と買主の関係が親子や夫婦など特別な関係でない。
なお、これらの特例は両方を受けられるわけではありません。どちらかの選択適用となります。自分がどちらを選択すれば有利になるかは、不動産会社の担当者など、専門家に聞いてみるといいでしょう。

税金がいくらか知るには売却価格を知ることが大事

ここまで、不動産を売却した場合の税金の話をしてきました。
規定、特例について押さえてもらいましたが、究極的にいくらかを知るには、まず「いくらで売れるのか」をしっかり押さえることです。
いくらで売れるのか、については自分で調べるのは困難でしょう。
そこで、一括査定サイトを使ったり、不動産会社に積極的に問い合わせをしたり、チラシを見たりするなどして、まずは値段を知りましょう。
値段がわかれば、大まかな税金の金額もわかるようになります。
わからないことがあれば、不動産会社の担当者に聞くなどして、疑問をしっかり解決してください。
税金の話は一度聞いただけで理解するのは難しいかもしれませんが、一つ一つ取り組んでいきましょう。


あなたに最適な優良不動産企業を探します!
優良不動産企業を徹底比較

この記事のまとめ

不動産を売却した場合に、税金がいくらかかるのか?という疑問の手助けとなる知識についてまとめました。まずは「自分が売却しようとしている不動産がどれぐらいで売れるのか」を知り、そこから使える税金の特例などを探っていくことが必要となります。 不動産を売却するにあたっては、税金も結構な支出となるので、しっかりやりましょう。

不動産売却の基礎知識の関連記事

マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説 公開
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説 公開
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ 公開
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには? 公開
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは 公開
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説!
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説! 公開
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは?
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは? 公開
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで 公開
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説! 公開
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介 公開
空き家問題の現状から見えてきたデメリットと解決策は?
空き家問題の現状から見えてきたデメリットと解決策は? 公開
固定資産税評価額がかかわる不動産の税金!4つの調べ方とは
固定資産税評価額がかかわる不動産の税金!4つの調べ方とは 公開
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ 公開
不動産の3つの媒介契約の選び方を売主のタイプ別に解説
不動産の3つの媒介契約の選び方を売主のタイプ別に解説 公開